コーナー攻めるのは子どもの遊び!?ハーレーダビッドソン「FXDR114」は真っ直ぐ走るだけで楽しい

&GP / 2019年7月29日 19時0分

写真

コーナー攻めるのは子どもの遊び!?ハーレーダビッドソン「FXDR114」は真っ直ぐ走るだけで楽しい

ハーレーダビッドソンといえば、バイクに乗らない人でも知っている、アメリカンバイクの代名詞的な存在。堂々とした車体に、大排気量のVツインエンジンを搭載したモデルには、ライダーでなくても一度は憧れたことがあるのでは?

そんなハーレーの中でも、ひと際押しの強いスタイリングに、1868ccという大排気量エンジンを組み合わせているのが、今回紹介する「FXDR114」です。ハーレーの最新モンスターマシンがどんな走りを見せてくれるのか、体験してきました。

■ハーレーの中でも目立ち度は抜群

ハーレーダビッドソンのラインナップには、スポーツスター系やツーリング系など、いくつかの系統が存在します。中でも中核を成すソフテイル系に、2019年モデルから加わったのがFXDR114。トラディショナルなスタイルのモデルが多いハーレーの中でも、近未来的なスタイルが異彩を放つマシンです。

まず印象的なのは、1735mmというロングホイールベース。低く構えたロー&ロングなスタイルは、0-400mを駆け抜けるドラッグレースに参戦するマシンを想起させます。角形のLEDヘッドライトや、小さめのライトカウルもレーシーな雰囲気を盛り上げるほか、ハンドルがセパレートタイプな点も、このマシンがハーレーの中で異色な存在であることをアピールします。

車体を支えるサスペンションも、ハーレーとしては珍しい構造を採ります。フロントフォークはレーシーな倒立式。リアサスペンションも1本式のモノショック仕様で、スイングアームは軽量なアルミ製です。“鉄馬”という言葉で表されることもあるハーレーの中にあって、軽さや走行性能を重視したモデルであることを感じさせます。ちなみにリアタイヤは、240/40R-18というクルマ匹敵するほどの極太サイズです。

エンジンは“ミルウォーキーエイト114”と呼ばれる、1868ccの空冷V型2気筒。空冷フィンが目立つ狭角のVツインという形式はハーレーらしいものですが、4バルブでツインプラグと、やや現代的なスペックになっています。

また、エアクリーナーがむき出しとなっていて、見た目もレーシー。ハーレーは慣例的に、エンジンの最高出力が公表していませんが、16.3kgf-mという最大トルクを目にすれば、そのパフォーマンスの高さを想像できることでしょう。

そして、ライディングポジションもかなり独特。ハーレーのラインナップの中ではハンドル位置が低めで、やや前傾した姿勢となりますが、ステップ位置は前方にあるので、体をくの字に折り畳んだような状態で乗ります。特にキツく感じるわけではありませんが、長距離ツーリングに出掛ける時などは、ちょっと疲れが気になりそうです。

■コーナーリング性能もあなどれないFXDR114

とはいえ、エンジンを掛けて走り出すと、そんなことなどどうでもよくなってしまいます。

アクセルを少し開けるだけで、猛烈なトルクによってリアタイヤが路面を蹴り出すような加速力を実感。車重が303kgもあるとは思えないほどのダッシュ力で、しかも巨大なシリンダーの中で、不等間隔で爆発することにより生じる激しいパルスを感じつつ加速していく時のフィーリングは、ほかのバイクでは味わえない気持ち良さです。

また、エンジン内で爆発したエネルギーが極太のリアタイヤを介して路面をかきむしっているかのような感覚を、シフトアップのたびに感じられるので、ストレートをただ加速していくだけで楽しい! 真っすぐ走るだけでここまで楽しいバイクは、ほかにはちょっとありません。

このように書くと、単なる直線番長のように思われるかもしれませんが、コーナーリング性能もあなどれません。公式スペックによると、最大バンク角は右が32.6°、左が32.8°で、ソフテイル系のモデルとしては最大。スポーツスター系と比べても、高い数値となります。やや上に持ち上げられ、バンク角を稼ぐために三角形にデザインされたマフラーも、こうした性能に貢献しているようです。

ちょっと特殊なライディングポジションを強いられるモデルですが、カラダごとバイクといっしょに倒れ込むようなアクションを起こすと、巨体のFXDR144はいとも簡単にバンクしていきます。もちろん、ホイールベースが長いため小回りが効くはずもなく、コーナーを攻めるような走りには向きませんが、結構なスピードでコーナーに入っても、安定して曲がれます。

とはいえ、立ち上がりの際の強烈な加速を味わってしまうと、コーナリングスピードを高めるような走りではなく、コーナーの手前でしっかり減速し、コーナーの出口からできるだけ長くその加速を感じていたい、と思えてくるほど。FXDR144は、「コーナーを攻めるなんて子どもっぽい走りからは卒業かな」なんて気持ちにさせてくれる、まさに大人のためのハーレーなのです。

<SPECIFICATIONS>
☆FXDR144
全長:2425mm
ホイールベース:1735mm
車両重量:303㎏(出荷時重量:289kg)
エンジン: 1868cc V型2気筒 OHV
トランスミッション:6速MT
最高出力:非公表
最大トルク:16.3kgf-m/3500回転
価格:286万5000円〜

(文&写真/増谷茂樹)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング