スマホとの接続不要!すぐにでも使えるGPSサイコンでツーリングに行こう!

&GP / 2019年8月5日 22時0分

写真

スマホとの接続不要!すぐにでも使えるGPSサイコンでツーリングに行こう!

趣味や健康づくりでランやサイクルをしている方、休日に車やバイクで遠出をする方、そんなすべての用途をカバーしてくれそうなサイクルコンピュータがあります。

ヨーロッパで大人気の「iGPSPORT」シリーズのひとつ「iGS130」(6480円)は、コンパクトな高感度GPSサイクルコンピュータ。最低限の操作・機能に絞り、複雑な機能はなく使いやすいのがポイントです。スマホとの連携も不要で、速度・距離・タイムをリアルタイムで確認しながらツーリングを楽しめます。

「iGS130」は、高感度GPSを搭載。スマホやタブレットと連携すると、GPS機能が不安定で、自分の現在位置を見失ってしまうこともよくありますが、独立した「iGS130」ならそんな心配は無用です。操作は記録ボタンを押すだけ。複雑な機能や周辺機器との連携に気を使わず、気軽に使えるのはいいですね。

ムダに複雑にせずよく使う機能に絞ってあり、記録するのは、移動距離・経過時間・平均速度などの活動データ。これさえ分かればペース配分もでき、ルートの目標がリアルタイムで確認できます。競技でなければ十分な機能ではないでしょうか。

▲記録されたログデータはクラウド上で管理

最高速度は235kmまで対応しているので、バイクでのツーリングや車でのドライブも記録が可能です。しかも400時間の記録容量があるので、長時間の記録でも安心。データをWEBにアップロードし、行程をマップ上で確認もできます。

加えて、オートバックライト機能付き。日の出日の入り時刻に合わせて自動でバックライトが点灯・消灯するので、夕暮れのライドでも安心して走行できます。

電池が不要な充電式で、 USB接続で簡単に充電ができます。1回の充電で、約22時間の使用が可能。USBで充電しながらの使用もできるので、モバイルバッテリーがあればさらに便利です。画面には低反射ディスプレイを採用し、日差しの強い日のライドやツーリング中でもデータチェックしやすくなっています。

▲コンパクトボディーに大画面搭載

約50×75x15mmとコンパクトで、自転車やバイクのハンドルでも、車のダッシュボードでも場所を取らりません。重さはわずか60gなので、トレッキングの際にはバックパックにつけても気にならない重さです。

パソコンともUSBケーブルで接続でき、クラウドへのアップロードも簡単。マップに走行したルートを表示でき、パフォーマンスの分析や、次回のプランにも役立ちます。ルートを決めなかったときでも後からルートを確認でき、ツーリングの思い出をたどることもできます。

しかも価格もリーズナブル。コンパクトで簡単なGPSサイコン、1台あると便利かもしれません。8月5日、現在Amazon、楽天で販売中です。

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング