圧倒的保温力の「山専用ボトル」がスタイリッシュにリニューアル!

&GP / 2019年8月15日 13時0分

写真

圧倒的保温力の「山専用ボトル」がスタイリッシュにリニューアル!

この季節、マイボトルに入れる飲み物は必然的に冷たくなりがち。保冷も保温もこなすボトルが重宝されますが、本格的な山登りに挑戦する登山者に必要なのは、“保温力” に優れたボトルだって、ご存知でしたか?

厳しい山の環境を想定して開発されたサーモスの “山専用ボトル” が、この度6年ぶりにリニューアルされました。早速、新しいラインナップをチェックしていきましょう。

▲「FFX-501」(クリアステンレス)

山へ挑戦するすべての登山者に向けて開発され、2007年の初代ボトルの発売以降、愛用されてきた “山専用ボトル”「サーモス ステンレスボトル」(「FFX-501」0.5L 5500円、「FFX-751」0.75L 6000円、「FFX-901」0.9L 6500円/全て税別)がリニューアル。ひとりでたっぷり飲みたい人や、ふたりで分けたいという人におすすめの新容量750mlも加わり10月1日に新登場します。

▲「FFX-751」(マットブラック)

大きな特長として挙げられるのが、秋山・冬山での使用を想定した高い保温力です。長時間の保温力を最優先し、36mmの狭い口径を採用したことで、6時間後でも78℃(750mlサイズの場合)をキープするという驚異的な実力を発揮します。

また750mlサイズでわずか360gという軽量設計、グローブをしたままでも持ちやすく注ぎやすいデザイン、衝撃に強いソコカバーなど、登山者のニーズを研究しつくした嬉しい配慮が盛りだくさんです。

▲「FFX-901」(マットレッド)

アウトドアファッションと相性の良いデザインとカラーリング(マットブラック・サンドベージュ、クリアステンレス)も見逃せません。また、クッション性が高い3サイズ共通デザイン(ブラックグレー)の「サーモスボトルポーチ」(1800円/2200円/2400円 税別)も一緒に使えば、大事なボトルの傷を防ぎ、長く使えそうです。

▲「サーモスボトルポーチ」

秋から冬にかけて、本格的なアウトドアに取り組んでみたいと考えているあなた。過酷な自然環境から身をも守る “山専用ボトル” の存在を忘れずにチェックしてくださいね。

>> サーモス

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング