外側はGORE-TEX、内側は暖かさ調整可!コートだって機能性が大事です

&GP / 2019年9月26日 6時30分

写真

外側はGORE-TEX、内側は暖かさ調整可!コートだって機能性が大事です

秋・冬・春の3シーズン着用OKを謳うアウターはよく見かけるけれど、寒風吹きすさぶ真冬の屋外、薄いコート1枚で防寒対策はとても無理、というのが正直なところ。寒い季節でも軽やかな着こなしを楽しみたいあなたに、あのミズノが新たな選択肢を提供してくれました。

3シーズンを通してどんな天候でも快適に過ごせる「GORE-TEXサーモブリッドコート」(9万9000円)が、クラウドファンディングサイト・Makuakeにて先行予約販売を受付中です。

 

この「GORE-TEXサーモブリッドコート」は、アクティブな大人のライフスタイルを提案する「Go to by mizuno」シリーズのテストモデルとして発表されたものです。一見何の変哲もない3シーズンコートですが、最大のポイントは内側に備えた超高機能ライナーにあります。

汗などを吸収して発熱、衣服内部を温めながら快適に保つ“ブレスサーモ”、アルミニウム薄膜で特殊コーティングした芯地が保温効果を高める“リフレクションギア”など、このライナーにはこれまでミズノが培ってきた保温性に関する技術の粋を結集しているのですが、なかでも特に注目したいのが、新開発の保温技術“サーモブリッド”です。

“サーモブリッド”とは、ライナーの背面にマイクロカーボンファイバーを配置し、このファイバーを内部に仕込んだバッテリーを使って温める、つまりコート内側を直接保温するという画期的なもの。暖かさはボタン操作により3段階で調節可能、つまり中に着込んだ衣類の脱ぎ着ではなく、ボタン操作で暖かさを調整することも可能ということです。

「早朝の通勤に合わせて防寒インナーを着込んだけれど、それが裏目に出て電車や建物内で汗びっしょり」なんて、誰でも一度は経験しているはず。でも、この「GORE-TEXサーモブリッドコート」さえあれば、そんな憂き目に遭うことはもうなくなるかも!

アウター素材には、防水・透湿・防風性に優れた素材“GORE-TEX ファブリクス”を採用しており、天気の急変にも対応。スーツスタイルからカジュアルまでどんなファッションにも合わせやすいベーシックなデザインで、ライナーを取り外せば初秋や春先まで活用できます。

サイズはM、Lの2サイズで展開。クラウドファンディング終了は11月28日、お届けは12月中旬の予定ですが、何しろ各サイズ45着で合計90着の限定販売。これは早い者勝ちかもしれません。

>> makuake

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング