1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. モバイル・アプリ

スマホの充電忘れに、窓に貼れるソーラー充電器

&GP / 2016年1月24日 7時0分

写真

スマホの充電忘れに、窓に貼れるソーラー充電器

出かける直前になってスマホを見たら「充電できてないじゃん!」というのはよくあること。常日頃モバイルバッテリーを持ち歩いていれば問題ないが、そのバッテリーすら充電し忘れていたら……。

こんな緊急事態を防ぐため、2台めのモバイルバッテリーとして常備しておきたいのが「ピタッと貼れるソーラー充電器」だ。

ビーズが運営するアイデアグッズブランド「BIBI LAB(ビビラボ)」より発売の本製品、最大のポイントはソーラーパネルを外に向けて窓ガラスにびったり貼り付けられること。

 

f02

日当たりのよい窓に貼り付けて普段から充電しておけば、緊急時にはそのままはがしてモバイルバッテリーとして使用することができる。USBケーブルでの充電にも対応。

接着面は窓にぴったり貼れるが、手や服にはべた付かないので持ち歩くときもok。また接着面に着いた汚れは絞った布で拭きとって対応する。クルマのウインドウの邪魔にならない場所に取り付けておけばアウトドアや旅行先でも便利だし、災害などの非常時にもよさそう。

 

window-883067_1920
バッテリー容量別に、スマホ充電1回分相当(2600mAh)の「PTS-2600」(4536円)と、2回分相当(5200mAh)の「PTS-5200」(6264円)をラインナップ。

充電時間は「PTS-2600」はUSBで4〜5時間、ソーラーで約23時間。「PTS-5200」はUSBで7〜8時間、ソーラーで約41時間。サイズはともに110×110×18mm。

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング