録画しておいたあの番組、カーナビで観られるって!

&GP / 2019年10月7日 20時0分

写真

録画しておいたあの番組、カーナビで観られるって!

自宅で録画したテレビ番組、自家用車のなかで再生できたら便利なのに!と思ったことがある人、多いですよね。録画番組とマイカーを連動させるこれまでになかったシステムがついに誕生しました。

IoT社会の進化が進み、現在では車もインターネットに接続される時代です。また、第5世代移動通信システム「5G」が開始されたことにより、映像コンテンツの消費量はさらに高まるとも予想されています。ある意味で、登場したのが必然ともいえるニューアイテムでしょう。

「DiXiM Play Automotive Edition」は、デジオンがこれまでスマートフォンアプリやPCアプリなどで展開してきた「DiXiM Play」を、車載器向けに開発したシステムで、パイオニア、カロッツェリアの新型カーナビ「サイバーナビ」向けにカスタマイズされた「DiXiM Play for carrozzeria」から利用可能です。

自宅内のレコーダーの録画番組や放送中の番組を、カーナビなどの車載器で再生できます。専用のスマートフォンアプリを利用することにより、離れた場所にあるレコーダーとカーナビのペアリングを中継し、リモートアクセスも可能です。サイバーナビからインターネット経由で自宅のレコーダーにアクセスし、録画された番組や放送中の番組をストリーミング再生できるわけです。

多彩なレコーダーに対応しているのも心強い特徴です。以下のレコーダー機器やNASに対応しています。

・パナソニック:「おうちクラウドディーガ」「ディーガ」
・シャープ:「AQUOS 4Kレコーダー」「AQUOSブルーレイ」
・東芝:「レグザ タイムシフトマシン」「レグザブルーレイ」
・アイ・オー・データ機器:テレビチューナー製品「HVTR-BCTX3」「HVTR-T3HDTシリーズ」「EX-BCTX2」「GV-NTX2」「GV-NTX1A」、NAS製品「HVL-DRシリーズ」
・バッファロー:NAS製品「LS411DXシリーズ」

使用方法も簡単です。スマートフォンアプリを使い、自宅内のレコーダーと車内のサイバーナビを、それぞれ登録するだけで、ペアリングが完了します。

ペアリング完了後は、車内にペアリング済みスマートフォンを持ち込むだけで、サイバーナビにて録画番組や放送中の番組が視聴できますよ。

>> Digion「DiXiM Play Automotive Edition」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング