ビジネスでもカジュアルでも、多様なシーンに合わせられるシチズンアテッサ新ライン

&GP / 2019年10月11日 19時0分

写真

ビジネスでもカジュアルでも、多様なシーンに合わせられるシチズンアテッサ新ライン

通勤時や仕事中は動きやすいカジュアルスタイル、急な来客や改まった席での会食にはタイとジャケットでドレスアップなど、シーンに合わせて装いを整えることはビジネスマンなら当然のこと。それなら手元だって、それぞれのシーンにふさわしいタイムピースで彩りたい…。

そんな声に応えて誕生したのが、CITIZEN ATTESA(シチズン アテッサ)からこの秋デビューの新ライン。ビジネスからカジュアルまで、さまざまなシーンとファッションに合わせて身につけられる「ACT Line」6モデル(希望小売価格:10万~18万円/税別)を紹介します!

▲「エコ・ドライブ GPS 衛星電波時計 F150」(CC3085-51E)

アクティブで野性的、でもどこかエレガント。シチズンのビジネスウオッチ「CITIZEN ATTESA」は、スポーティなスタイリングの中にさりげなくまとわせた品の良さが魅力のブランドです。

▲「エコ・ドライブ GPS 衛星電波時計 F150」(CC3085-51A)

新ライン「ACT Line」は、幅広い職種・業種で浸透しているビジネスファッションのカジュアル化を意識したもので、カジュアルスタイルにも、きれいめのスーツスタイルにも合わせられるようデザインされています。

メリハリのあるインデックス、削ぎ落とされたケースライン、ワールドタイムの都市表記をベゼル部分に配置することで、フェイスデザインはすっきりと力強い印象に。シルバー&ブラックが基調のカラーリングにポイントカラーとして加えたオレンジ色が、若々しくスポーティな表情を演出します。

▲「エコ・ドライブ GPS 衛星電波時計 F150」(CC3081-52E)

ラインナップは大きく2種類。「エコ・ドライブGPS 衛星電波時計 F150」(3モデル、各15万〜18万円/税別)は、最短3秒という世界最速レベルの時刻情報受信性能を誇る、高精度のGPS衛星電波時計。ムーブメントには、「Cal.F150」を採用、独自のアルゴリズムによるスピーディな時刻情報の受信と、時・分針にそれぞれに配置した専用モーターが、移動後の都市での時刻修正をスムーズに完了させます。

▲エコ・ドライブ電波時計 ダイレクトフライト(AT8181-63L)

一方、ロングセラーの「Cal.H800」をムーブメントに採用しているのが「エコ・ドライブ電波時計 ダイレクトフライト」(3モデル、各10万〜13万円/税別)。日中米欧の世界4エリアの標準電波を自動受信、りゅうずだけのかんたん操作で世界26都市の時刻とカレンダー表示に切り替えられる “ダイレクトフライト” に対応しています。

▲「エコ・ドライブ電波時計 ダイレクトフライト」(AT8181-63E)

シーンやファッションを選ばず身につけられるオールラウンドな新コレクションは、デイリーウォッチとしてはもちろん、旅の相棒としても心強い存在になってくれそうです。発売は11月を予定しています。

>> CITIZEN ATTESA「ACT Line

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング