オカルトマニア必見!? 創刊号から最新号まで『ムー』の表紙を完全網羅!

&GP / 2019年10月12日 20時0分

写真

オカルトマニア必見!? 創刊号から最新号まで『ムー』の表紙を完全網羅!

1970年代の日本に吹き荒れたオカルトブーム。超能力やUFO、未確認生物、世界の怪奇現象といったキーワードが、お茶の間にも溢れていましたよね。中でも1973年に大ヒットした “ノストラダムスの大予言 ”に翻弄され、世界が滅亡する?と言われた1999年まで、実は生き急いでいたという人も少なくないのでは?

そのオカルトブームを牽引した雑誌が『ムー』。未だに密かなファンも多く、“ムー民”とも呼ばれています。そんな “ムー民” の皆さんにはマストな一冊が、学研プラスから発売されました。

『創刊40周年記念 ムーカバーコレクション』(6000円/税別)は、創刊号から2019年11月号までのカバー全468点を集約したカバーコレクションです。

1979年10月に創刊された “スーパーミステリー・マガジン”『ムー』。2019年に40周年を迎えます。『創刊40周年記念 ムーカバーコレクション』はその名の通り、これまでの『ムー』の表紙を収録した写真集です。

編集を手掛けたのは、ムー編集部。表紙に並ぶ「古代核戦争と地底都市の謎」「謎の水晶ドクロ大予言」などのキャッチフレーズを眺めているだけで、謎のワクワク感が湧いてきます。

サイズはA4判で、全469ページ。創刊初期のA4サイズから現行のB5サイズになるまで、 すべての表紙を原寸サイズで収録しています。

さて、この本の中心にあしらわれたカバーを見て、懐かしい気持ちになる方も多いのではないでしょうか? このイラストは、映画『スターウォーズ』日本公開時のポスターイラストなどでも知られる、日本を代表するイラストレーター・生頼範義氏によるもの。『ムー』のカバーイラストはその生頼範義氏も手掛けていた時期があります。

創刊号からの全468点を収録ということは、生頼範義カバーも年代を追って眺められるということになりますね!

“ムー民”の皆さんには、たまらない一冊ではないでしょうか? 10月12日現在、Amazonにて発売中です。

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング