トヨタワークス“TRD”が仕立てたワイルドな「RAV4」と攻撃的な「プリウス」

&GP / 2019年10月19日 19時0分

写真

トヨタワークス“TRD”が仕立てたワイルドな「RAV4」と攻撃的な「プリウス」

NISMO(日産自動車)、TRD(トヨタ)、無限(ホンダ)、STI(スバル)といった、いわゆる自動車メーカー直系のチューニング&カスタマイズ会社が、自慢の作品を持ち寄って披露する「ワークスチューニンググループ合同試乗会」。

栃木・茂木町のツインリンクもてぎ内クローズドスペースで開催された今回の試乗会に、トヨタ直系のTRDは、人気モデルである「RAV4」と「プリウス」のカスタマイズカーを持ち込みました。

■TRDの新たな境地を開くRAV4のカスタマイズ

ひと目見ただけで“冒険”という言葉が連想されるトヨタのRAV4。2018年春に日本市場に復活して以来、国内のコンパクトSUVマーケットを席巻しています。

そんな人気SUVに対し、TRDブランドが提案するカスタマイズのテーマは、ズバリ“フィールドモンスター”。フロントバンパーを武骨にドレスアップする「フロントロアガーニッシュ」や「フロントバンパーガーニッシュ(LED付き)」を装着。17インチの「クリムソン MG モンスター」アルミホイールを履いて「オーバーフェンダー」を取り付け、ゴリゴリにタフなRAV4を演出します。

ちなみに、マットブラックのルーフラックは、TRDとしては初の試み。チューンするクルマのカテゴリーや手掛けるアイテムが、以前と比べるとどんどん変化しているのですね。派手なサイドデカールも、アウトドアテイストを加速させます。

フィールドのみならず、ストリートで、あえて違和感を強調したドレスアップを見せつけるのも、アリかもしれませんね。

■アグレッシブでも燃費は譲れないTRDのプリウス

ハイブリッドカーは“エコで優しく、おとなしい乗り物”。そんなイメージだけではくくれないのが、最近のプリウスです。

ベースモデルのマイナーチェンジに合わせ、TRDは2種類の装いを用意しました。空力性能とドレスアップ性をバランスさせた「アグレッシブスタイル」と、エアロパーツの機能性を強調した「エアロ ダイナミクス スタイル」です。

今回、持ち込まれたのは、前者のアグレッシブスタイル。アゴが張った「フロントスポイラー」、2本のマフラーに視線を導く派手めな造形の「リアバンパースポイラー」、そして、すんなりとボディスタイルに馴染んだ「サイドスカート」が印象的です。さらに、マットブラックに塗られた18インチ「TRD TF9」アルミホイールで足回りをキメます。

燃費への影響を考慮し、ことさらダウンフォースを追い求めたエアロパーツではなく、むしろキレイに空気を流すことを意識したといいます。そのメリットを視覚化したのが、小さな突起が並んだ「ルーフガーニッシュ」。

さりげない空力チューンが、分かる人には分かる魅力です。TRDのチューニングは、いつも“半歩先”をいっていますね。

(文&写真/ダン・アオキ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング