見るからに速そう!Wi-Fi 6対応最新ルーターは最速10756Mbps!

&GP / 2019年10月22日 17時0分

写真

見るからに速そう!Wi-Fi 6対応最新ルーターは最速10756Mbps!

瞬時の判断や反応が求められるオンラインゲームにおいて、“タイムラグ” は例えほんのわずかな間であったとしても致命傷に繋がります。これを回避するための有効な方法は、まずパソコンや端末を高スペックにすること。そして、大容量のデータをスムーズに送受信できる“通信環境を整えること” です。

ティーピーリンクジャパン(以下TP-Link)が10月31日より発売を開始するゲーミングルーター「Archer AX11000」(5万380円)は、TP-Link史上最速の通信速度を提供。Wi-Fi6にも対応する、ガチゲーマー御用達の次世代ルーターです。

スペックは、5GHz帯×2、2.4GHz帯×1のトライバンドに対応し、データ転送速度はそれぞれ4804Mbps×2、1148Mbps×1で、合計値は10756Mbps(最大値)。Wi-Fi接続でありながら有線10ギガビットと同等の通信速度を実現できるスペックを備えています。

内蔵の1.8GHzクアッドコアCPUとRAM(1GB)が膨大なデータを処理し、ゲームプレイ中のタイムラグを未然に解消。接続台数は最大で120台、USBポート&LANポートでの本体直接接続は最大11台と、多数の端末を接続できます。

端末ごとに異なる電波を送信する「MU-MIMO機能」と合わせ、接続可能なポートを自動判別することにより、端末の複数接続時に生じる通信速度の低下を未然に防止。さらにオンラインゲームと動画配信サービスのストリーミング同士の干渉を回避できる「ゲーム用帯域の設定」も可能です。

遅延状況やプレイ時間、パソコンのシステム使用率などのネットワーク接続状況をリアルタイムで把握できる「ゲーム統計画面」を表示する機能の他、ウイルスやハッキングなどの最新サイバー脅威からユーザーのアカウントやシステムを安全に保つ「HomeCareセキュリティシステム」を搭載。面倒な初期設定はアプリ「Tether」で簡単に行うことができ、Amazon Alexaによる音声コントロールにも対応します。

▲リアルタイムにてゲームの遅延状況、 プレイ時間、 およびシステム使用率を表示

外寸は288×288×高さ184mmで、重さは1.51kg。1G/100M/10M LANポート×8口、2.5G/1G/100M WANポート×1、USB-A 3.0ポート+USB-C 3.0ポート×各1を搭載。

推奨利用環境は戸建て3階建、マンション4LDKとなっています。只者ではないフォルムに圧倒的なパフォーマンスを秘めたゲーミングルーターで、最上級のWi-Fi環境を整えてみてはいかがでしょうか。

>> TP-Link「Archer AX11000」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング