厚底っぷりはそのままに驚異的な軽量化に成功したホカ オネオネ「リンコン」!

&GP / 2019年10月27日 7時0分

写真

厚底っぷりはそのままに驚異的な軽量化に成功したホカ オネオネ「リンコン」!

2020年東京オリンピックのマラソン選考大会「マラソングランドチャンピオンシップシリーズ(MGCシリーズ)」をはじめ、世界各国の名だたるマラソンレースで話題になっている“厚底ランニングシューズ”。 国内外の各シューズメーカーも積極的に新作を続々と投入している、今もっともホットなジャンルです。さらに昨今のダッドスニーカーといったビッグシルエット人気も相まって、増々注目度は上がりっ放し!

そんな今だからこそ、ぜひともオススメしたいのが、厚底ランニングシューズを世に放った元祖的存在であるホカ オネオネの新作「リンコン」です!

モデル名の「リンコン」は、滑らかな波で世界的に有名なカリフォルニア屈指のサーフィンスポット、リンコンからきています。そして、その名にふさわしく、重さを感じさせずにスムースな走り心地を提供してくれます。

アッパーに薄いシングルレイヤーのメッシュを採用することで、片足わずか218g(27cm)と極めて軽量! もちろん、ホカ オネオネならではの優れたクッション性です。要は、ホカ オネオネならではの高性能ソールはそのままに、一気に軽量化に成功させたって代物になります。本気で走りたいシリアスランナーはもちろん、気楽に走りたいシティーランナーにも今まで以上に軽やかで快適な走りを提供してくれるっていうわけですね。

 

■抜け感もイイ感じ!

アッパーはボリューム感がありますが、実はメッシュのシングルレイヤー仕様で極めてライト。

シュータンも軽量化を優先して小さな作りに。だけど足のピッタリとフィットして当りはしなやか。

インソールもカップインタイプではなくミッドソールに直接貼付けることで、余計な部分をそぎ落して軽量化を図っています。

ソールはいつものホカ オネオネと同様のメタロッカーテクノロジーを搭載し、着地から蹴り出しまでスムースな足運びを提供してくれます。

*  *  *

厚みのあるミッドソールからパッと見は“重そう”って思うかもしれませんが、実際に手に取るとあまりの軽さに驚きますよ! 本当に軽やかで快適そのもの。ポップなルックスとお手軽な履き心地でカジュアルな感じが強いですが、実はレースにも対応する本格モデル。決して侮れません!

HOKA ONE ONE
「RINCON」(1万5400円)

>> ホカ オネオネ

 

(取材・文/本間 新)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング