指先サイズのアクションカムで日常を切り取りまくれ!

&GP / 2019年11月14日 20時0分

写真

指先サイズのアクションカムで日常を切り取りまくれ!

小さければ小さいほど用途が広がるアクションカメラ、その小型化の波もついにここまで到達しました! 11月11日にライテックより発売された「OPKIX ONE スターターキット」(4万9800円/税別)は、重さわずか12g、指先ほどのミニサイズながら、フルHDレベルの高画質撮影を実現する超小型アクションカメラ。豊富なアクセサリーで、撮影をさらに身近に簡単に楽しめるキットです。

まずはカメラとしてのスペックから簡単にお伝えしましょう。カメラ本体のサイズは14×15mmで長さ36mm、重さはわずか12gという驚きのミニサイズ。動画撮影の最大解像度は1920×1080/30fpsのフルHDに対応しており、本体には4GBのメモリを内蔵しています。IP67の防水・防塵性能を備えているので、スポーツシーンの撮影にもバッチリ対応。撮影中は本体搭載のLEDが点灯し、撮影中であることを周囲に知らせます。

面白いのは、この小ささを活かして様々なアングルで撮影が楽しめるよう、内蔵マグネットでカメラを取り付けられるアイウェアやリング、ネックレスといったアクセサリー小物が標準で同梱されていること。アイウェアのタイプやリングのサイズなどは購入時に選べるので、好みに合ったデザインでおしゃれを楽しみながら、迫力の動画が気軽に撮影できるというわけです。

撮影動画の整理や編集は専用アプリ「OPKIX STUDIO」を使って行います。撮影したカメラを専用充電ケースに収納しアプリをタップすれば、カメラ内に保存された新しい動画を即座に確認、ワイヤレスでスマホなどのデバイスに転送。映像のトリミングや速度変更、BGMの追加といった編集加工も簡単操作で楽々こなせます。

カメラ本体の充電は専用充電ケースを経由して行いますが、その小ささゆえに搭載できるバッテリー容量も限られるためか、1回の充電で撮影できる時間も約15分とやや控えめ。これを補う目的かどうかはわからないのですが、このキットでは同じ機能のカメラがもうひとつ同梱、つまり同機能のカメラ2台がセットになっているのです。専用充電ケースは2台のカメラが同時に収納できるようになっているので、バッテリー切れに備えたバックアップと捉えて2台を交互に使ってもいいし、もちろん同一の被写体を異なるアングルから2台同時に撮影してもOK。パートナーや友人同士で、互いの姿を撮影しあうのも面白いかもしれません。

>> ライテック「OPKIX ONE」

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング