今やカーライフの必需品!車内スマホグッズ6選【カー用品大賞2019】

&GP / 2019年12月11日 20時0分

写真

今やカーライフの必需品!車内スマホグッズ6選【カー用品大賞2019】

【特集:カー用品大賞2019】

2019年も残すところあとわずか。今年もカーライフを豊かにするさまざまなアイテムが登場した。それらの中から、カーグッズプレス編集部が2019年に注目した逸品を “カー用品大賞” としてご紹介!

1. 高出力スピーカーで通話がハッキリ聞き取れる

サンワダイレクト
「車載Bluetooth スピーカー(400-BTCAR003)」(実勢価格:5000円前後)

連続待ち受け時間は1000時間! 最大で1カ月以上充電不要な高性能バッテリーを内蔵した、コードレスの車載Bluetoothハンズフリーキット。サンバイザーに背面のクリップで挟み込むだけの簡単取り付け。丸型の操作部にボリュームスイッチと大型の応答ボタン、Siri/Googleアシスタントを呼び出せる音声入力ボタンを配置。スピーカーは高出力の3Wで、雑音が大きい状況でも相手の声がはっきり聞き取れる。

同じ状況でマイクの感度も確かめたが、受信側でもノイズが入らず明瞭に聞き取れた。運転中など応答ボタンが押せない状況でも、「Yes!」と声で応答できるので、完全ハンズフリー通話が可能。安全に運転できる。

▲最長待ち受け時間1000時間。最大で1カ月以上充電が不要。2台まで同時に接続できるのも便利

▲コードレスで目立たずスマートに設置。従来品に対し応答ボタンの反応エリアが広くなり、使い勝手が向上。Siriやグーグルアシスタントの音声認識にも対応している

 

2. 軽さと着け心地のよさでハンズフリー通話が快適

ケンウッド
「ウェアラブル ワイヤレススピーカーCAX-NS1BT-B/-W」(実勢価格:1万3000円前後)


車内でのハンズフリー通話だけでなく、サイクリングやランニング、アウトドアなど、さまざまなシチュエーションで活用できる、ウエアラブル(身に付ける)タイプのワイヤレススピーカー。

首にかけて装着するので、両手が完全フリーになるのがポイント。しかも、イヤホンタイプのように耳を塞がないので、周囲の音を聞き逃さずに安心・安全なハンズフリー通話が行える。

軽さは業界トップクラスの88gで、着け心地のよさを実感。内側に向いたスピーカーは音声が耳に届きやすく、低域を強めるパッシブラジエーターも加わり、クリアに会話を聞き取れる。

「Siri」など音声認識機能の起動にも対応。音声によるメールや電話操作などが可能だ。

▲約3時間フル充電でき、約20時間の長時間再生が可能

▲スマホなどペアリングする機器のBluetooth機能をオンにし、本機を選択するとインジケーターが点滅して接続完了

▲左端に音楽の再生/一時停止ボタンと、ボリューム調整や選曲を行うジョグボタン、右端にコールボタンが備わる

 

3. 電動オートホールド機能でワンタッチでスマホを着脱

カロッツェリア
「スマートフォンクレイドルSDA-SC510」(実勢価格:6680円前後)

パイオニアの人気車載ホルダー「SDA-SC500」の後継機。静電タッチセンサーと赤外線センサーを用いた電動オートホールド機構を搭載し、スマホを載せると自動で左右アームが閉じる。本体左下にはタッチセンサーがあり、指先で触れればアームが開く。動作もスムーズで静かだ。スマホ(対応機種)を置いている間は「Qi」によるワイヤレス充電が行える。落ち着いたデザインも◎。

車両への装着は付属の吸盤を備えたアーム型のスタンドか、エアコン取り付け型のクリップを使用。電源はシガーライターソケットから取得できるが、キャパシター内蔵でエンジンを切ってもスマホの取り外しが可能だ。

▲USBタイプのシガーライタープラグで電源を供給する。同時に別のUSB機器を1台接続可能だ

▲クルマに合わせて、ダッシュボード上またはエアコン吹出口に固定。2種のアタッチメントが付属

▲向かって左側面の部分に静電タッチセンサーがあり、これに触れると左右のアームが開く

▲スマホのサイズに合わせて下端のトレイ部の長さが調整できる

▲付属のプレートを貼った上に吸盤で確実に固定できる

 

4. シリコン素材の“滑り止めパッド”を採用

カロッツェリア
「車載用ワイヤレス 充電パッド SDA-CP300」(予想実勢価格:5500円前後 12月発売予定)

センターコンソールなどに設置し、スマホ(対応機種)を置くだけで充電ができるパッド。最大15Wの急速充電が可能なワイヤレス充電規格「Qi」に対応しており、ケーブルを抜き差しする手間から解放される。パッドの部分には高出力コイルを3個内蔵しており、エリア内のどこに置いても充電が可能なのが便利。

▲スマホの外装を傷つけないよう表面にはシリコン素材が使われている

▲走行中にスマホの落下を防止するトレイ形状を採用。耐熱設計を備え-10~60℃での動作を保証している

 

5. 自動開閉アーム搭載で自由度の高い調整が◎

サンワダイレクト
「スマートフォン用車載ホルダー (200-CAR072)」(実勢価格:4000円前後)

スマホを載せるとアームが自動的に閉まり、側面のセンサーに触れるとアームが開く。スマートな使い心地が特徴のスマホホルダー。しかもワイヤレス充電規格の「Qi」に対応し、スマホ(対応機種)を置くだけで自動的に充電を開始する。

ドリンクホルダー(直径68〜90mm、深さ46mm以上)にはめ込んで固定ができ、アームによって自由な角度調整が可能。付属のクリップアタッチメントに付け替えればエアコン吹き出し口への装着も行える。

▲スマホを載せるだけでアームが自動的に閉じてホールド。動作もきわめてスムーズだ

▲ドリンクホルダーにはめ込んで上部を回転させると固定ができる。走行中でもガタツキが発生する心配はない

▲本体の左側面部分にはタッチセンサーがあり、これに触れることでアームが開く。使い心地も快適だ

▼併用にオススメ!

「Quick Charge 3.0対応カーチャージャー(200-CAR050)」
(実勢価格:1680円前後)

一般的な5V/1A出力充電時と比較して、約2.2倍早く充電可能な、車載充電器Quick Charge 3.0に対応。USBポートを2ポート搭載している。12V/24V両対応。

 

6. 「Qi」充電できてドライブレコーダーにもなる!

サンコー
「ドラレコアプリ付き Qi対応スマホホルダー」(3980円)

「Qi」対応のワイヤレス充電ができるスマホホルダーに、ドライブレコーダーアプリをパッケージしたユニークな製品。スマホホルダーは小型で場所を取らず装着できるもの。縦横の切り換えが簡単に行え、ホールド性も良好だ(幅62〜85mmの機種に対応)。スマホを装着すればすぐに充電を開始する。

ダッシュボード上だけでなくフロントウインドウ上部にも装着OK。すでにドラレコを付けているクルマなら、サブカメラとして室内や車両後方の撮影に活用するのもいいだろう。

ドライブレコーダーアプリはGセンサーに連動して録画が行え、最大1920×720の解像度で記録が可能だ。

▲USBケーブルを付属するが車載用電源プラグは市販品を利用。角度調整は簡単

▲ホルダーのサイズがコンパクトなのでダッシュボード上に設置しても視界を妨げない

▲画面右下のアイコンにタッチすると手動録画ができる。画質はスマホの性能に依存

▲セッティングは簡単だが表示は英語のみ。 Gセンサーや速度の情報なども表示できる

 

>> カー用品大賞2019

本記事の内容はCarGoodsPress90号22,30,31ページに掲載されています

 

(レポート/CGP)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング