常にカバンに入れておきたい小型スマホ周辺グッズ5選

&GP / 2020年1月19日 11時0分

写真

常にカバンに入れておきたい小型スマホ周辺グッズ5選

EDC(EveryDay Carry)という言葉を知っていますか? マネークリップやコインケース、ペンといった日常使うモノから、マルチツール、ペンライトといった防災用品まで、日々持ち歩くモノという意味になります。コンパクトサイズのそれらをケースやポーチにまとめて携帯することが多いようです。

ではデジタル化が進んだいま、時代に合わせたEDCとなると、やはりスマホ関連グッズということになります。メールやLINE、SNS、通話、さらには支払いまで、今や日常の多くのことをスマホで済ませられるようになりました。だからこそ、スマホは常に使える状態にしておきたいところ。そんなスマホ時代に常に持ち歩きたい周辺グッズを5点ご紹介します。

1. 外出時でもワイヤレス充電

モバイルバッテリーを選ぶ時に悩ましいのが容量。大は小を兼ねますが、大容量ほど重く大きくなるのは当然の話。おそらく毎日持ち歩いても気にならないのはスマホ程度の重さのモノではないでしょうか。AUKEYの「PB-Y25」は、縦横がiPhone 11と同じぐらいで厚さが1.5倍程度。これで容量8000mAh。多くのスマホを2回フル充電できる容量です。さらに、ワイヤレス充電にも対応しています。ケーブルなしでスマホと重ねて持てば、充電しながら通話もできますね。また完全ワイヤレスイヤホンのケースなどワイヤレス充電に対応した機器を外出先でも充電可能です。

>> 充電だって完全ワイヤレス!サイズはiPhone 11を2台重ねたぐらいだぞ!

 

2. ACアダプタは小さくて大出力が◎

もし外出先でコンセントが使えるなら、もちろんスマホの充電はそちらを使いますよね。そんな時のためにACアダプタは持ち歩きたいところです。とはいえ、ノートPCも持ち歩いている人は、そちらのACアダプタも携帯しているかもしれません。できればひとつにまとめたい。だったら、手のひらサイズでも大出力の「cheero USB-C PD Charger 18W mini」という選択肢もありますよ。どんなノートPCでもOKというわけではないですが、このサイズにして最大18Wの出力、さらにパワーデリバリーにも対応と、なかなかのスペックです。大きいモノが多く、かさばりがちなノートPC用ACアダプタを小さくできて、ついでにスマホの充電にも使えれば、荷物のかさも重さも減って一石二鳥です。

>> この小ささでMacbook Proも充電できるってすごい!

 

3. 持ち歩くケーブルを1本だけにできる!

急ぎで充電したい場合は、ワイヤレス充電対応のスマホだろうが、やはりケーブルで接続しての充電が必要になります。じゃあ手持ちのスマホの端子に合わせたケーブルを持ち歩けばいいかというと、なかなかそういうわけにもいかず…。iPhoneやiPadといったApple系端末はLightning、GalaxyやPixelといった最新のハイエンドAndroid端末はUSB Type-C、さらにはKindleならmicroUSB、PCとつなぐ場合にUSB Type-A(いわゆる昔からあるUSB端子)など規格が乱立。かといって、すべてに対応するケーブルを用意するとなると、何本持ち歩けばいいのか…。そんな悩みを解決してくれるのが「キメラ 5-in-1 ケーブル」です。端末側にはmicroUSB、Lightning、USB Type-C、ACアダプタ側はUSB Type-AとType-C。長さは1mと3mの2種類あり、どちらもクイックチャージに対応しています。さらに3mの方はパワーデリバリーの60Wにも対応しているので、ノートPCの充電にだって使えます。持ち歩くケーブルが1本になるのは助かりますよね。

>> USB-C、microUSB、Lightning…必要な端子が多くても5in1ケーブル1本あればOKです

 

4. 充電ついでにデータや画像をバックアップ

モバイルバッテリー、ACアダプタ、ケーブルと“スマホ充電三種の神器”があれば、まずは一安心。プラスしてとなると、たとえばこんなモノはいかがでしょうか。iPhoneの場合、microSDカードといったメモリーカードは使えません。撮りためた写真は、内部ストレージがいっぱいになる前に、ネット経由でクラウドにバックアップを取る必要があります。でも枚数が多かったり動画があったりするとかなりの容量になるので、通信量もバカになりません。かといっていつもWi-Fiにつなげられるわけではないし…。だったら、充電ついでにmicroSDカードにバックアップしてみては? サンワサプライの「iPhoneカードリーダー 400-ADRIP011シリーズ」は、microSDカードを挿してケーブルとACアダプタの間に挟めば、自動で画像や動画などをバックアップしてくれます。iPhoneの容量に余裕があるとちょっとうれしいですよね。超コンパクトサイズだから、常に持ち歩いても気になりませんよ。

>> iPhoneとACアダプターの間にかませるだけで撮影画像を自動バックアップ!

 

5. ケーブル以外全部まとめちゃう?

いろいろ持ち歩くのめんどくさい! そんな人には、モバイルバッテリー兼ACアダプタになる「SuperMobileCharger PD45W」という手もあります。直接コンセントに挿せるモバイルバッテリーで、USBポートがTye-AとType-Cの2つ付いているので、ケーブルを挿してスマホの充電も可能。Type-Cポートは最大45Wだから、ノートPCへの給電もできます。しかもモバイルバッテリーとしても1万mAhと必要十分な容量があり、さらにワイヤレス充電もできちゃう。コンセントに挿してなくても、スマホ2台なら給電可能で、ついでに完全ワイヤレスイヤホンまで充電も同時にできます。まさに1台何役もこなすスペックです。あとはケーブルをお忘れなく。

>> コンセント直挿し&ワイヤレス給電&高出力!機能満載モバイルバッテリー

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング