通知読み上げ機能付き完全ワイヤレスが4400円は激安すぎでしょ!【イヤホンレビュー】

&GP / 2020年2月15日 7時0分

写真

通知読み上げ機能付き完全ワイヤレスが4400円は激安すぎでしょ!【イヤホンレビュー】

今回は少し変わったイヤホン「Zeeny Lights」を取り上げます。

ネイン(Nain)の手掛ける“Zeeny”シリーズは、“音声UI”というスマホからの通知機能に注力したワイヤレスイヤホンです。最新の「Zeeny Lights」は完全ワイヤレスイヤホン型で、公式オンラインストアの販売価格は税込み4400円と格安。

ネインは渋谷に本社がある日本のベンチャーで、米クアルコム社によって“ヒアラブルソフトウェア”企業として名指しで紹介されたことも。そんなネインの「Zeeny Lights」は、音楽リスニングとしてどうか、そして気になる“音声UI”の機能についてをレビューしていきます。

まずはスペックをチェック。完全ワイヤレスイヤホンとしてのSoC(System-on-a-chip)にはクアルコムの“QCC3020”を採用。これは1万円クラスのモデルでも実績あるモノです。コーデックはAAC/aptXコーデックに対応、さらにワイヤレス充電も可能で、バッテリーもちゃんと連続再生8時間。日本の企業なので、取説などもすべて日本語。このスペックで4400円って随分安いような…。

イヤホン本体は光沢のあるホワイトで、実測値で片側5.0g。実際に装着してみると耳に密着してフィットして落ちる心配もないし、遮音性も優秀。なお、イヤーピースはS/M/Lの3サイズが付属しています。

ペアリング等の流れは一般的な完全ワイヤレスイヤホンと同じですが、“音声UI”を活用するためには“Zeeny”アプリの使用は必須です。まずスマホとBluetooth接続した後に、アプリを起動しBLE(Bluetooth Low Energy)でも接続する必要があります。ちなみに、アプリを導入しなければ、普通の完全ワイヤレスイヤホンです。

“Zeeny”アプリを使うと、日本語音声によるガイド機能が利用できます。

中でも最重要機能が、アプリ通知の読み上げ。LINE、Twitter、FB Messangerで届いたメッセージでもゲームアプリの通知でも、アプリから届く通知で文字で書かれている内容なら、届いた時点で自動で読み上げてくれるスグレモノです。LINEメッセージなら、開封せずに差出人と内容を確認できちゃいます。読み上げる日本語音声も自然。

最初は、通知内容を音声で読み上げってどうなの!? と思ってましたが、例えば「Zeeny Lights」を装着しっぱなしでTwitterの通知をONにしておけば、ニュースを自動受信して読み上げる、なんて使い方も。全く別の作業をしていても声で情報が飛び込んでくるようになるなんて、これ新体験だけど便利過ぎでしょ。もちろん通知を読み上げないアプリの設定もできます。

ちなみに、右イヤホン表面はタッチセンサーボタンになっていて、音楽の再生/停止以外に、1秒押しで現在時刻/バッテリー残量/次の予定の確認も。

 

■価格から考えると十分満足!

では、気になる音質もチェックしていきます。

宇多田ヒカルの『あなた』を聴くと、基本はナチュラル志向で癖のないサウンド。女性ボーカルの歌声もバンド演奏も自然なバランスで、音空間にやや密度感のあるタイプです。低音は、ディープな沈みはありませんが適度な量感も確保。BrunoMarsの『24K Magic』を聴いてもノリ良くは弾けず、歌声も低音も適度に引いた鳴り。実売価格4400円で“ハズレではない”という時点で合格ですね。AndroidスマホのaptXコーデックでは、傾向は同じまま情報量が増して音質アップします

完全ワイヤレスイヤホンの課題である音途切れについては、混雑した電車内やターミナル駅で数回音途切れした程度でした。

ネインの「Zeeny Lights」、正直言って4400円は安過ぎです! “アプリ通知”の音声読み上げに少しでも興味を持ったら買い。アプリは別に興味なくても、音楽リスニング用としても、4400円の完全ワイヤレスイヤホンとして考えてもフツーに買い。これだけお安いのだから、とりあえず試してみたら? とい感覚で購入できちゃうハイコスパモデルです!

>> ネイン「Zeeny」

 

>> [連載]イヤホンレビュー

(取材・文/折原一也)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング