走る時しか履かないで!ホカ オネオネ新作はカカトが強烈!

&GP / 2020年3月14日 11時0分

写真

走る時しか履かないで!ホカ オネオネ新作はカカトが強烈!

昨今、各陸上競技大会で活躍する厚底ランニングシューズが大きな注目を集めていますが、厚底シューズのはしりといえば、やはり「ホカ オネオネ(HOKA ONEONE)」を思い浮かべる人も多いでしょう。そんなホカ オネオネが、大胆すぎるトレイルランニングギア「TenNine(テンナイン)」をリリースしました。

誰もが目を奪われる強烈な印象のフォルムと、その形状が可能とする究極の走り心地は、トレイルランナーなら試してみたくなるに違いありません。

2009年にフランスに生まれた「ホカ オネオネ」は、ほかに類を見ない分厚いミッドソールのシューズで世界中の注目を集めました。そんなイノベイティブな「ホカ オネオネ」の最新作がトレイルランニングギア「TenNine」です。

まず、一目見て驚くのがミッドソールの形状。かかと部がグーンと後ろに大きく飛び出ており、それに続くアウトソールは幅広にデザインされています。独自の最新技術によって生まれたこのユニークなフォルムは、地面との接地を最大限にするためのもので、これによって同じ接地時間でも体が受ける負荷の掛かり方が変わり、よりスムーズで安定的な走りを実現するのだそう。

アッパーには、軽くて摩耗しにくいメッシュを補強素材とし、伸縮性に優れたLycra(ライクラ)素材のバンプを搭載。通気性・給水速乾性に優れた素材で作られたタンや、かかと部をサポートする長く伸びたヒールなど、快適な履き心地・走り心地を追求しています。

あくまでも、長距離のさまざまな地形を駆け降りるトレイルラン専用として設計したシューズのため、階段の昇り降りや運転中などランニング以外の使用は推奨されていないのでご注意を。

ボディはベーシックなホワイトを基調としながら、独特なソール部分は強調するように鮮やかなカラーで彩ったデザインも独創的。そのチャレンジングな姿勢は、さすがホカ オネオネです。

この唯一無二の「TenNine」は、100足限定で発売中。“飛ぶように山を駆け降りる” 体験をしてみたい人はぜひトライしてみて。

>> HOKA ONEONE

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング