グニャッとするネックピローは意味がない!だったら硬めがいいかもね

&GP / 2020年3月19日 19時0分

写真

グニャッとするネックピローは意味がない!だったら硬めがいいかもね

パソコンやスマホを見続ける日々にすっかり慣れてしまったビジネスパーソンの皆さん。首や肩に痛みやしびれはありませんか? もし、思い当たる節があったら…。それは「ストレートネック」、通称「スマホ首」といわれている症状のひとつです。早めに解消しないと、頭痛や眼精疲労、めまい、吐き気、さらには顎関節症や側弯症などを引き起こす可能性があるとも言われています。とはいっても、パソコンやスマホを使わない日はないといっても過言ではない現代社会。だったら、ネックピローを使って、首を正しい位置で休めてあげる時間を作ってみてはいかがでしょうか。

オフィスやリビングでの休息のひとときに、移動中の乗り物の中などで…。360度、どんな寝返りにも対応できる話題のネックピロー「TripPal(トリップパル)」(6200円〜 3月19日現在)が日本初上陸。クラウドファンディング・Kibidangoにて販売中です。

「TripPal」は人間工学に基づき、首の形にフィットして360度、しっかり頭を支え
る形に設計されたネックピロー。適度な硬さで首・顎をサポート。中央のストラップで、首とのフィット感を自由に調整できるのが大きな特徴です。長時間の移動や昼寝の質をアップするのはもちろん、首の前傾斜を防ぎ、正しい姿勢へと導くことで、パソコンやスマホ使用時の首への負担を軽減する“サポーター”としてもの役割も果たします。

あなたは自身の頭部の重さをご存じですか? 成人の頭部の重さは、体重の約10%と言われています。重い頭部を支えている首をサポートするには、従来のネックピローは柔らかすぎるものがほとんどでした。長時間の移動などでネックピローを使っても、首がグラグラしてよく眠れなかった…というのは、この柔らかさが原因だったのかもしれません。

▲顎・首をしっかりサポート

「TripPal」は、硬い芯材を柔らかなクッション素材で包み込んだ二層構造。ボーリングの球を載せても安定するほどの強度を保ち、カバー材には通気性の良いアイスクール素材を使用。長時間の装着でも蒸れを防ぎ、快適さを保ちます。

二重構造は嬉しいけれど、かさばって不便なのでは…? 「TripPal」は、くるくると巻くだけで大変コンパクトに。男性にピッタリなMサイズ(W23×D22×H15cm/315g)ならiPhone XS Maxとほぼ同じくらいの高さになるので、場所を取りません。大柄な方にはLサイズ(W26×D23×H12cm/335g)がおススメです。

パソコンやスマホの長時間使用で首の疲れを感じている方。移動時や休憩時間に、酷使しているあなたの首を重力から解放してみてはいかがですか。「TripPal」がストレートネックを改善し、心地よい快適な睡眠をサポートします。

>> Kibidango

 

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング