スマホでマウスが使えたら・・・ありました!

&GP / 2016年2月24日 20時27分

写真

スマホでマウスが使えたら・・・ありました!

ユーモラスかつ実用的なアイテムが登場しました。Android系のスマホやタブレットなどをマウスやキーボードで操作できる、「USB2.0ハブ付きOTGカードリーダーDN-13658」(699円)です。

 

ケーブルの抜き差しにサヨナラ!USB機器を共有できる切替器

■マウスなのにmicroSDカードやフラッシュメモリも使える

「USB2.0ハブ付きOTGカードリーダーDN-13658」は、microSDカードリーダーとHUB機能をもった変換アダプタ。OTG(PCを介さずにUSB機器を相互に接続できる規格)に対応しているスマホやタブレットに接続することができます。

両端にmicroUSB端子(オス)とUSB2.0端子(オス)を備え、側面にUSB2.0端子(メス)とmicroSDカードの差し込み口を備える構造。このつくによって、色々な使い方が可能になっています。

USB2.0ハブ付きOTGカードリーダーDN-13658

まず、microSDカードを挿して、USB OTGに対応しているAndroid系のスマホやタブレットのmicroUSB端子、パソコンのUSB2.0端子などにつなげば、カードリーダーに。どの端末でもデータを出し入れし、見ることができます。

ただのカードリーダーで終わらせないのが、側面のUSB2.0端子(メス)の存在。ここに、マウスやキーボードのコードを繋げば、スマホやタブレットもそれらで操作することができるのです。

また、OTGに対応したUSBフラッシュメモリも使えます。これなら、たとえばスマホの画面をワイヤレス接続でテレビ画面に映し出し、マウスで操作することが可能。プレゼンなどにも使えそうです。

上海問屋本店などで販売中。

対応OS:Windows 10/8.1/8/7、Mac OS、Android
インターフェイス:microUSB端子(オス)、USB2.0端子(オス)×1、USB2.0端子(メス)×1
サイズ:約63×17mm

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング