これぞプロ道具!職人が手掛ける現代の背負子はアルミ合金製

&GP / 2020年6月4日 11時30分

写真

これぞプロ道具!職人が手掛ける現代の背負子はアルミ合金製

荷物を背負って運ぶために作られた「背負子(しょいこ)」という器具をご存知ですか。ヒモやロープでくくれば何でも運べる汎用性の高さを備えており、現在も世界中の幅広い分野で使われている便利なギアです。

この「背負子」を長年に渡って作り続けているアウトドア・スポーツ関連器具の老舗国内ブランド・EVERNEW(エバニュー)より、設計や材質を見直した最新の背負子シリーズ「キャリーボーン」が登場。運搬に関わる作業を生業としている人のニーズに応える、本格的な仕様です。

▲「キャリーボーン 小」

エバニューの「キャリーボーン」は、国内の職人による手作業で製作された背負子です。敢えて乱暴に扱われることを想定した設計となっており、フレームに10μ厚のアルマイト加工を施したアルミニウム合金52Sパイプ(継ぎ目なし引き抜き管の5052マンドレル管)を採用することで、従来シリーズに比べて強度とタフさが大幅に向上。

また、ショルダーハーネスの肩への食い込みを軽減させるため、極厚3cmのデラックスパッド(発泡ウレタン材パッド)を使用。快適な装着感を実現しています。荷台は固定式なので、安定感も抜群です。

サイズは用途に応じて選べる3種類で展開。「キャリーボーン 小」(2万900円)は、フレーム径19mm、W34×H72×D20cm、荷台部は18cm、背面長46cm、重さは1.05kg。静荷重は20kgfです。

▲「キャリーボーン 中」

「キャリーボーン 中」(2万5300円)は、フレーム径が19mm、W37×H80×D22cm、荷台部は18cm、背面長46cmで、重さは1.25kg。40kgfの静荷重です。

▲「キャリーボーン 大」

「キャリーボーン 大」(3万800円)は、フレーム径25mm、W37×H79×D25cm、荷台部は22.5cm、背面長が49cmで、重さは1.85kg。静荷重は60kgfです。

 

>> EVERNEW「キャリーボーン」

文/&GP

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング