コールマンの超人気テント「タフドーム」がタープと一体化だって!?

&GP / 2020年6月11日 15時0分

写真

コールマンの超人気テント「タフドーム」がタープと一体化だって!?

コールマンの超人気テント「タフドーム」に、大きめのタープを組み合わせた新構造の「タフオープン2ルームハウス」(4万9800円)が発売中。ゆとりある広さのドームテントに加え、タープを一体化させ開放感のあるリビング=オープンタープを簡単に設営可能。2ルーム構造とタープのアレンジにより、天候やシーンに応じた多彩な楽しみ方ができるテントが誕生しました。

コールマンの “タフシリーズ” として展開されているタフドームは、ひとりでも設営できる扱いやすさと、大人でも立ったまま着替えができるほどの居住性、そして雨、風、暑さにも強い日本の天候に対応する機能性を兼ね備えた人気モデル。

このタフドームに、大きめのキャノピーによるオープンタープを一体化させたのが「タフオープン2ルームハウス」です。

設営はまずドームテントを立ててから、一体化されているタープ部分を張り出していく手順なので、タープ設営初心者でもカンタン。テント内のサイズは約300×250×高さ175cmというゆったりとした広さがあり、定員は約4〜5人用。

タープは、横からの風や強い日差しを遮る、またはプライベート空間確保のためサイドを落とすなど、張り方のアレンジが自在なので、シーンに応じたリビング作りができます。また、キャノピーをすべて巻き上げればドームテント単体として狭いキャンプサイトにも対応。あるいは別途用意したさらに大きなタープと組み合わせて使うなど、多彩な楽しみ方が可能です。

この2ルーム構造により、例えば寝室で子どもが寝ている間にテント部分をフルクローズし、大人はタープで焚き火を楽しむ、といった使い方も。

フライシート、フロアともに耐水圧約2000mmという梅雨の時期にも頼もしい耐水性。空気を循環させるベンチレーションシステムにより、暑い夏でも快適に。また、風除けやプライベート確保のため、別売でスクリーンメッシュウォールも用意されています。

収納時には約ø35×73cmというサイズに収まり、重量は約14kg。設営が簡単で、余裕のある広さと多彩なアレンジ、悪天候にも対応する快適性、そしてコスパも◎という完成度の高いテント。この夏は、人ごみの都市型レジャーを避けて、ゆったりとキャンプを満喫してみてはいかがでしょうか。

 

>> コールマン

文/&GP

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング