サッと手ぶらで買い物に。「革ネックウォレット」はアクセサリー感覚で

&GP / 2020年7月28日 21時0分

写真

サッと手ぶらで買い物に。「革ネックウォレット」はアクセサリー感覚で

ここ数年注目されているネックウォレット。少年のようなイメージもありますが

・フェスやレジャーシーンで人気
・手ぶらで行動できるスタイルがミニマリストが増えている時代とマッチ
・アクセサリー感覚で身につけられる

などの理由から、大人のアイテムとして注目を集めています。特にフェスなどのレジャーシーンでの相性が良いため、アウトドアブランドのモノが多い印象です。

そこで「大人の男性も普段使いできるようなモノ」を探してみると、下町の老舗レザーブランド、池之端銀革店が手掛けるcom-onoで「Slim-004 / short neck wallet」(6600円)を見つけました。素材の上品さも魅力ですが、なによりJapan Madeなのにこの価格なのが大きな魅力。

その上、大人の男性もシンプルなコーデに取り入れやすい上品なデザイン。サッと手ぶらで出かけられる使いやすさが魅力のネックウォレットです。

 

■レザーが大人カジュアルと相性抜群

大人になるとデニムに白Tぐらいのシンプルなコーデがちょうどイイもの。ただ、シンプルすぎるため少し寂しく、シンプルゆえに着こなしが難しかったりします。

▲サイズ調整しやすいようにアジャスターはサイドにするといいかも。サイズはW10cm×H11.7cm

そこにレザーのネックウォレットがあれば、手ぶらで出かけられる上、大人な雰囲気でアクセントをプラスαできる。アクセサリー感覚として使えるのポイントです。

先日、無性に笹塚「美咲家」の揚げ物が食べたくなり、サッとネックウォレットを首にかけて向かいました。

▲首から下げたままチャージ

お尻のポケットに財布を入れずにすむ上、改札も首からかけたままで通過できます。また現金も結構入るので、カードやスマホ決済ができないお店でも使えるのは便利。

▲コスパ最高な「美咲家」の揚げ物。ホタテ串、コロッケ、ハムカツで晩酌!

 

■Japan Madeならではのつくりとアイデア

com-onoは「必要最低限の物だけで暮らすことが、より豊かな生活を送れるのでは?」という考えのもと、“SIMPLIFY YOUR LIFE”をコンセプトに誕生したブランドです。

▲肌なじみがよく、傷に強いクロムシュリンクレザーを採用

職人の試行錯誤から生まれる、余計なものを削ぎ落としたミニマルなデザインと使い勝手の良さ。その品質の高さとデザインだからこそ、多くのブランドやショップとコラボもしています。

▲両サイドに付いている金具を押し込むことでポケットが開く。シンプルな仕組みもこのブランドならでは

レザーとシンプルなデザインは大人の革小物としてぴったりで、今のミニ財布人気を牽引するブランドです。

 ▲仕切りが1つだけのシンプルなデザイン

▲フロントポケットと背面ポケットを合わせると、お札10枚、コイン20枚が収納可能

▲背面はスノーボードのゴーグルなどに使われている耐久性の高いウーリーゴムを採用し、カードをがっちりホールド

▲ベルトを引っ張るとカードが飛び出る仕様。5枚のカードが収納可能

 

■夏だけじゃなく秋口のファッションにも相性◎

夏のシンプルな服装だけでなく、秋口のカジュアルなシャツにも相性良し。シャツを開けて中からチラッと見せたり、シャツの上から下げてアクセントにするなど、着こなしのバリエーションもUP。

▲シャツを開いてチラ見せする方が今っぽい着こなし。ネルシャツなどの柄物カジュアルシャツにもオススメ

*  *  *

若い時には着けられたシルバーアクセサリーも大人になるとちょっと敬遠しがちですが、シュリンクレザーなど中性的な革小物なら抵抗感も減ります。また、“収納”という機能性があるので、アクセサリーよりも身に着ける“言い訳”ができるのもネックウォレットならではですね。

>> com-ono

<取材・文/宇田川雄一

宇田川雄一|スタイリスト。大学卒業後、アシスタントを経て2008年フリーに。モノ誌やWeb媒体を中心に、広告、PVなど幅広く活動。メンズのビジネススタイルを得意とし、雑貨、インテリアなどライフスタイル全般にわたってスタイリングしてきた経験を生かし、執筆も行っている。

 

 

【関連記事】

◆カードサイズの本革ミニ財布で必要な分だけ持ち歩こう
◆散歩行く?だったら財布に鍵やスマホはミニポーチにぽいっ!
◆持ち物は財布、スマホ、鍵、以上!だから小さくてイイのだ!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング