バックパックとショルダーバッグの分離・合体を自由に使い分けよう

&GP / 2020年8月2日 20時0分

写真

バックパックとショルダーバッグの分離・合体を自由に使い分けよう

ちょっとした外出、通勤、出張、旅行と、利用シーンに応じて持ち歩くバッグをチェンジするのはよくあること。ですが、外出前の荷物の入れ替えは時間のロスだし、うっかりパスケースを移し替え忘れた、なんてことも起こりやすくなってしまいます。

この外出前のわずらわしさから開放してくれるSIMCLEARのPCリュック「TSUNAGU BAG(ツナグバッグ)2in1」(1万4300円~ 8月2日現在)が、クラウドファンディング・Makuakeにてプロジェクト進行中です。本体リュックの外ポケットを取り外してショルダーバッグとして使えるから、旅行中に大きなバッグをずっと持ち歩く必要も、わざわざ荷物を小さなバッグに入れ替える必要もありません。

外バッグを取り外してショルダーバッグとして使える、2 in1 スタイルのリュック「ツナグバッグ 2in1」は、今年の春、クラウドファンディングにて600%以上の支援を獲得したプロジェクト第1弾「TSUNAGU BAG:BLACK」の続編プロジェクト。今回は第1弾で多数の要望があった新色モデルとして、ネイビー、グレイ、カモ(カモフラージュ)の3色が登場します。

最大の特徴は、外ポケットがファスナーで簡単に取り外せ、ショルダーバッグとして使えること。たとえば、飛行機の荷物棚を利用する際、貴重品を入れた外ポケット部分だけをさっと取り外して手元に置いておく、なんて使い方もできます。

ショルダーバッグには、7.9インチのタブレットや長財布も収納可能で、スマホを収納できるサイズのインナーポケットがふたつ備えられています。また、背面のファスナーポケットには、ショルダーバッグのベルトをバッグに装着した状態のまま収納できるよう設計されています。


本体リュックには16インチのノートPCとタブレットそれぞれの専用収納スペースが設けられており、同時に持ち運ぶことが可能。それぞれの収納部には、すべり止め防止用のバンドが付いているほか、ノートPC収納部にはクッション性が高く衝撃を吸収するボア素材が使用されています。

また、インナーにはポケットが3つ、フタ部分、両サイドにもポケットを装備しており、スリムな見た目ながら大容量の収納力。ショルダー部にはカードを2~3枚収納できる便利なカードポケットが設けられています。

バッグの生地には耐久性、耐摩耗性、撥水性に優れ、防弾チョッキにも使われる1680デニールを使用しており、突然雨が降り出してもしっかりPCを守ります。

防犯性にも優れており、リュック本体には任意の数字を設定できるダイヤル錠が装備されているほか、背面には背負うと見えなくなるシークレットポケットが設けられています。バッグの生地自体にも高い防刃性があり、海外旅行中に切りつけられて財布を盗まれる心配もありません。

なお8月2日現在、「ツナグバッグ 2in1」1個が1万4300円にて支援受付中。他にも「ツナグバッグ 2in1」1個と専用レインカバーのセットなども用意されています。

>> Makuake

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆荷物ちょい多めの休日にはグレゴリーのスリングバッグがぴったりです 
◆普段使いに便利なミステリーランチの「ブーティーバッグ」がこの夏アップグレードして登場! 
◆収納力の秘密は餃子!?仕事と趣味でバッグを分けなくていいんです 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング