ドゥカティコラボの本革ストラップで腕時計もスマートウォッチも自分仕様に

&GP / 2020年8月6日 21時0分

写真

ドゥカティコラボの本革ストラップで腕時計もスマートウォッチも自分仕様に

腕時計にはストラップを変えるという楽しみ方があります。もちろんスマートウォッチだって、ストラップを変えて自分だけの1本にするのはアリ。最近はApple Watchを着けている人がかなり増えたので、腕時計で人とカブることはめったにありませんが、Apple Watchはケース(本体?)は1種類のみということもあり、もう当然のごとくカブりまくりです。

そんな事態を避けたいなら、ストラップを変えるのが最も手軽。もちろんこだわりのストラップであれば言うことなし。

スマートウオッチ向けアプリを開発するMR TIME(ミスタタイム)がクラウドファンディングサイトMakuakeで支援募集中なのが、イタリアの名門バイクメーカー・DUCATI(ドゥカティ)とのコラボによる腕時計用ストラップ「DUCATI ウオッチストラップ」(5200円〜 8月6日現在)です。

幅広く、どんな時計にも取り付けられて、しかもこだわりのバイクメーカー、DUCATIとコラボ。黒ベースに差し色の赤が映えるこだわりのストラップで、自分だけの時計に仕立ててみませんか。

「DUCATI ウオッチストラップ」は、DUCATIのブランドカラーである、イタリアンレッドとブラック、シルバーを使ったデザインで下記の4種類がラインナップ。もちろんデザイン、カラーともにDUCATIの承認を得たお墨付き。

▼「エディション1:レザーダブルスティッチ」

▲ステッチによるアクセントと優れた耐久性を持つベルト

▼「エディション2:レザーワイド固定リング」

▲幅広いストラップで、柔らかい牛革の着け心地が魅力

▼「エディション3:レザーシールドホール」

▲複数の穴を開け、ストラップの重さを軽減。軽量で通気性があり暑いシーズンに嬉しい!

▼「エディション4:カーボンレッド」

▲柔らかい牛革をストラップの裏側に利用し、表は丈夫なカーボンファイバー素材を利用

ストラップの交換は、ワンタッチで可能なイージーバーシステムを採用。ストラップ幅22mmのスマートウオッチを含めたすべての時計に着用可能です。Makuake特典で無料提供されるバンドアダプターは、38/40/42/44ケースサイズの製品にすべて適用可能。手持ちのさまざまな腕時計に付け替えて楽しめます。

交換の際は工具も不要なので、気分やTPOに応じてサッと付け替えて楽しむのに便利ですね。このストラップに合わせて新たに腕時計を購入してみるのもいいかも。

ストラップはDUCATIと同じくイタリア、またはフランス産の最高級の牛革のみを使用し、手作業で丁寧に制作。革の裏側の品質にもこだわり、汗や湿気に強い作りになっています。

ストラップ固定リングにもDUCATIのロゴを刻印されています。この金属素材は2層コーティングによるステンレススチールで金属アレルギーの人も安心して着用できます。ステッチに使用される糸にもこだわり、ドイツ・Amann社のSerafil糸を使用。一般的な裁縫用と比べ、高い質感と耐久性、変形や摩擦にも強い高級素材です。

8月6日現在、好きなベルト1点のみのコース(5200円)のほか、DUCATIファンなら揃えておきたい4点セット+限定カード入れのコースが1万5000円で支援受付中です。

>> Makuake

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆オールハンドメイドのレザーベルトは使うほどに愛着が深まります 
◆スイスの気鋭ブランドが放つ自信作、日本上陸! 
◆4つもの複雑な時計技術を盛り込んだマニアックさがたまらない! 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング