リュックにスマホタッチでアプリが起動!これはかなりの時短かも!

&GP / 2020年9月21日 23時0分

写真

リュックにスマホタッチでアプリが起動!これはかなりの時短かも!

大容量に加え、両手が空くことがリュックの利点。ただし、財布やスマホなど頻繁に取り出す機会が多いものは、上着やパンツのポケットに入れているという人も多いはず。

クラウドファンディングサイト・Makuakeに登場したアピロスの「XGO.BizBackPack」(2万2900円~ 9月19日現在)は、収納力の高さと考え抜かれたポケット設計に加え、ショルダーベルトに新機能“X-PAD”を搭載しているのがポイント。スマホを取り出した後のアクションをスムーズなものにする画期的な機能、要注目です。

リュック本体の構造や収納性を差し置いて“X-PAD”について触れるのは、それだけこの機能が便利だからこそ。NFCを搭載したスマホであらかじめタッチで起動するアプリを設定(iPhoneの場合はショートカットアプリ、Androidの場合はNFCに書き込みできるいずれかのアプリ)しておけばOK。ショルダーストラップの左右両方にタグが備わっているので、2種類のアプリを起動設定できます。

電話を取る、音楽再生、ゲームの起動など、アプリのチョイスは自由自在ですが、便利さを最も実感できるのがキャッシュレス決済アプリかもしれません。

ロックを解除した状態でNFCタグにタッチすることで、支払いの認証画面に遷移できます。日常的にスマホでキャッシュレス決済をされている人なら、アプリを起動→支払いコード画面表示までをショートカットできることがどれだけ便利なのか、すぐにわかるはず。玄関のオートロックをスマホ操作によって施錠・解錠している人も、アプリ起動の手間が省けて便利になりそう!

エルゴノミックデザインの採用により、備え付けのハンドルを持つ形でリュックを縦持ち&横持ちした際、またバッグを前抱え&片方掛けにした際でも、ズボンのポケットへ手を入れる感覚でフロントに配された4つのファスナー付きポケット“X-POCKET”に物を出し入れすることができます。センターファスナーポケットは、手帳や長財布などを安心して入れておけます。

メインコンパートメントはメイン収納部とPC収納部の2気室構造。メイン収納はフルに開ける使いやすいレイアウトになっています。またマチ幅がしっかりとられており、クッション性も高いので、カメラバッグとしても使えそう。B4サイズの書類もそのまま入れられます。

PC収納部は内側にパイル生地を配し、16インチノートPCと11インチタブレットの収納が可能。面ファスナー留めの安定ベルトや、機器同士が直接ぶつからないダブルフラップを搭載するなど、各所に嬉しい配慮がなされています。

さらにバッグの左側面には、抗菌防臭素材のバイオライナーをインナーに配した硬い芯材入りの薄型ポケット“U-POCKET”、右側面には折り畳み傘やペットボトルを出し入れできる“I-POCKET”を搭載。背面部はエアベンチレーション構造+エアメッシュ素材のクッションパッドで蒸れと荷物の重さを軽減し、エコバッグが入ったセキュリティポケットが用意されています。

スーツケースのハンドル部にバッグ本体をかませることも可能。バッグ縦方向時はチェストロックベルトで、横方向時はクッションパッドとバッグ本体の間にある空間を通すことで、スーツケースにセットアップ。

サイズは高さ42×幅30×マチ幅13cmのスクエア型で、重さは約1170g。容量は約20L。メイン生地にはナイロンと各種ポリエステル素材を組み合わせた多層構造の特殊素材“X-PAC”を使用。軽量・高強度・防水性・耐摩耗性を備えています。また、X-POCKETとセンターファスナーポケットを除いた各ファスナーにはYKK止水ファスナーが用いられており、荷物の水濡れを防ぎます。カラーバリエーションはブラック、カーキ、ベージュ、ホワイトの4色展開です。

>> Makuake

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆学生証がないと買えないバッグパックって何だ!?(ちゃんと大人も買えますよ)
◆電車通勤最適化リュック「ガジェタブル」、実は“中”もスゴいんです!
◆超~軽くていっぱい入る2WAYリュックが便利です

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング