スマホを有線LAN接続!USB-Cハブでスマホの可能性が大きく広がる!

&GP / 2020年10月8日 6時30分

写真

スマホを有線LAN接続!USB-Cハブでスマホの可能性が大きく広がる!

スマホやタブレットの便利さは今さら言うまでもないことですが、時には大画面で楽しんだり、キーボードなどの周辺機器を接続したいというケースも出てくるもの。そんなシーンで便利に活躍する、LAN、HDMIなどの計6ポートを搭載したUSB-C接続のハブ「Xdapter」(1万1550円〜 10月8日現在)が、クラウドファンディング・Makuakeに登場です。

本体サイズは40×110×17mmとコンパクト。製品自体は、USB-C端子を持ったスマホ、タブレットにUSB-Cケーブルで接続します。スマホやノートPCの背面などに貼り付ける磁石シートが付属しており、くっつければ一体化して持ち運べるので落下の心配はありません。

背面には、スマホリングが付いているので、落下防止だけでなくスタンドとしても使えます。ポートは計6つあり、多彩な拡張性を発揮します。

▼HDMI出力端子

HDMIケーブルで繋げば、サブスクの映画やYouTubeはもちろん、スマホゲームだって大きなテレビやディスプレイで快適に楽しめます。

▼USB-Aポート×2個

デバイス接続ではまだまだ最大勢力と思われるおなじみUSB-A 3.0ポートも2口搭載。USBメモリに保存してある音楽や動画などもスマホで楽しめます。キーボードやマウスなどを接続すれば、HDMIポートとの組み合わせで、スマホをPCのように活用し、手軽なデスクトップPC風の環境も作れそうです。

▼3.5mmオーディオジャック

オンライン会議などでヘッドセットを使う際なんかには、やっぱりあると便利なイヤホンジャック。手持ちのお気に入り有線ヘッドホンだって使えますね。

▼イーサネット(有線LAN)ポート

ネット接続の安定性を確保してくれる有線LANでの接続も使用環境によっては強い味方。セキュリティやデバイスの消費電力といった面でも便利です。

▼USB-C

「Xdapter」自体をスマホのUSB-Cに接続するわけなので、その分のUSB-Cポートは必要ですよね。これなら、例えば3.5mmオーディオジャックでヘッドホンをつないでゲームをするときでも、同時に充電も行えるので、バッテリー切れの心配もありません。

これらのポートを活用してスマホゲームにどっぷりハマるもよし、また、仕事であれば、これまでならノートPCの出番だったような場面でもスマホと「Xdapter」、そしていくつかの周辺機器だけで完結できるかもしれませんね。

10月8日現在、「Xdapter」1個が1万1550円となる早割コースの他、2個で2万636円となるお得なセットコースも用意されています。

>> Makuake

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆Nintendo SwitchのドックにもなるUSBハブは仕事に遊びに大活躍! 
◆スマホの充電もできる!PCにはこのUSBハブをつなげておけばいいじゃない 
◆端子山盛りのキーボードがあればUSBハブは必要ないね! 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング