自転車のテールライトにバッグを装着!実用性も視認性も大幅UP!

&GP / 2020年10月15日 15時0分

写真

自転車のテールライトにバッグを装着!実用性も視認性も大幅UP!

自転車乗りにとって、夜間の安全対策は絶対に欠かせないもの。特に交通量の多い道を走る際は、ライトを点灯させて自分の存在になるべく早く気づいてもらうようにするのが、事故を避けるための効果的な対処といえます。

クラウドファンディング・GREEN FUNDINGに登場した「LUMISバッグ」(5680円〜 10月15日現在)は、後方への存在をアピールできるテールライトを備えた自転車用ミニバッグ。アタッチメントでサドルに取り付けられる、抜群の使いやすさとスタイリッシュさが魅力的なアイテムです。

丈夫で撥水性の高い1000Dナイロンを表地、TPU加工のナイロンを裏地に採用。縫い目のない高周波接着加工で作られているため、防水性に優れています。バッグ内部には、取り外しできるファスナー付きの仕切りシートが入っており、小銭やICカードなどを入れられます。

バッグのフチに沿ってTPU半透明カバーが配されており、付属のLEDライトをセットすることで140ルーメンのオレンジ光がバッグの上部全体に伝搬。夜間でも高い視認性が確保されます。LEDライトはmicroUSBケーブル(付属)による充電式で、フル充電は約2時間。本体のボタンで点灯パターンを切り替えられ、常時点灯で約3時間、点滅は約7時間使用できます。

「LUMISバッグ」本体にLEDライトをセットした状態で、自転車のサドルに取り付けられるのが最大のポイント。付属の固定具は簡単にサドルへ取り付けられ、高い耐久性と衝撃吸収構造を備えているので、バッグの落下や固定具の破損を心配する必要はありません。

固定具へのバッグ設置&取り外しがワンタッチで行えるので大変便利。LEDライトだけをテールランプとして単独設置も可能です。

バッグ本体のサイズは外寸が幅17.8×高さ11×厚み3.8cmで、重さは約190g。TPU半透明カバーを除いた荷室部外寸は幅が最大17.8cm・最小16×高さ9cmとなり、iPhone 11 Pro Maxがすっぽり収まるスペース。カラーはスペースブラックとグレイシャーグレイの2色から選べます。

近場へのお出かけ時にはスマホや鍵、小銭入れやカード類が余裕で収納できるので便利。長距離のサイクリング時は自転車チューブや修理工具、空気を入れる小型ボンベを入れておけば万全です。自転車から離れるときは固定具からバッグまたはライトを取り外して持ち歩けば、破損や盗難に遭うこともありません。

カバンやサコッシュなどを使うまでもない“ちょい乗り”でのお出かけ時、そして夜間の走行時における備えもしっかり確保と、便利&安全を見事に実現したテールライト付き自転車用ミニバッグです。

>> GREEN FUNDING

<文/&GP>

 

【関連記事】
◆ツーリング中の右折・左折はターンランプで周りに伝えよう 
◆自転車に必要なツールをコンパクトにまとめてみました 
◆自転車にウインカーがない!ならヘルメットをウインカーにしよう 

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング