値頃感を追求!「コーナン」オリジナル家電7選【コスパ最強!ホムセン家電】

&GP / 2020年10月29日 20時0分

写真

値頃感を追求!「コーナン」オリジナル家電7選【コスパ最強!ホムセン家電】

【特集】コスパ最強!ホムセン家電

コストパフォーマンスの高さで家電を選ぶなら、ホームセンターのオリジナル製品も見逃せない。機能もデザインもシンプルにして必要十分、そして価格はリーズナブルと、家電選びの幅を広げてくれる。そんなオリジナル家電を展開するホームセンター、コーナンにオススメを聞いた。

 

■“値頃感”を一番に追求した家電ブランド「PortTech」を展開!

コーナンでは、生活用品のライフレックス、アウトドア製品や自転車用品のサザンポートなど、カテゴリー別に自社ブランドを展開しており、家電製品の「PortTech(ポ ートテック)」もそのひとつ。2017年にスタートし、照明器具や季節家電、調理家電といった生活家電を展開している。

「毎日の生活を快適にする製品を、値頃感のある価格で提供しています。必要十分な機能を搭載しながら、値頃感をもっとも追求していますね」

こう話すのは、コーナン商事の家電担当・吉田亜生さん。コーナンではナショナルブランドの高機能な家電も扱っているため、自社ブランドは最低限必要な機能で手を出しやすい価格設定にして差別化。また、誰もが使いやすい仕様、飽きにくいデザインやカラーにしている点も、幅広い層が利用するホームセンターならではの特徴と言える。

「もともと季節家電には力を入れていますが、今年は特に空気清浄機や加湿器の需要を見込んでおり、さまざまなタイプを展開しています」

■PortTech注目の家電製品

1. 湿度センサーと自動運転を備えた加湿器

PortTech
「湿度表示超音波加湿器」(6578円)

加湿状況が分かりやすい湿度表示付き。加湿器には力を入れています(吉田さん)

湿度センサー+オート運転が付いた多機能モデル。加湿量を5段階に切り替えられる。給水タンクは約4リットルと大容量で、約13時間の連続運転が可能。約W185×D185×H325mm

 

2. スチーム機能を搭載した温風セラミックヒーター

PortTech
「セラミックヒーター PA-S1201AHM1」(7678円)

人気の温風が出るタイプのヒーターに、スチーム機能をプラスしました(吉田さん)

スチーム機能を搭載し、乾燥を低減しながら使える温風ヒーター。人感センサー、4時間の自動オフタイマーなども備えており安心して使用できる。約W280×D162×H395mm

 

3. 紙パック式でお手入れしやすいキャニスター掃除機

PortTechの定番商品です。他にスティックタイプなども展開しています(吉田さん)

PortTech
「紙パッククリーナーKPS-201」(6578円)

掃除機の王道、キャニスタータイプの掃除機。紙パック式を採用しており、ゴミ捨てや手入れも簡単なため使い勝手が良い。集塵容量は1リットル。ブラシすき間ノズルが付属。

 

4. 日常でよく使う「あたため」機能と「解凍」のみ搭載

PortTech
「単機能電子レンジ RE-K7015V/K7016V」(6578円)

あたため機能は500Wと700Wに切り替え可能。ダイヤル操作で使いやすく、ターンテーブルは取り外して水洗いができる。東日本専用50Hzと西日本専用60Hzの2タイプを展開。約W440×D359×H258mm

 

5. 具材がはみ出ることなく耳までしっかり焼ける!

PortTech
「ホットサンドメーカー PSB-S420」(3828円)

市販の食パンに具材を挟み、スイッチをONにするだけで、自宅で手軽にホットサンドを楽しめる。アーチプレートで包み込むように挟み、具材がはみ出ることなく耳まで焼ける構造になっている。約W145×D285×H110mm

 

6. コーヒー飲みたい!と思った時にすぐ使える電気ケトル

PortTech
「電気ケトル 1.0L  OKE-100」(2178円)

日常使いに最適な容量1リットルの電気ケトル。本体に目盛り付きの窓を設けているため、ひと目で残量を確認できる。蓋は取り外し可能なため、蓋もケトル内も洗浄しやすいのも魅力。 約W215×D150×H185mm

 

7. コンパクトながら食パン2枚が入る便利なトースター

PortTech
「オーブントースター 2枚焼 PTA-860」 (3278円)

庫内スペースが広く、食パンを2枚同時に焼けるオーブントースター。出力は860Wで、タイマー設定は最大15分。パンくずをはらい落とせる便利な開閉式底ふた付き。 約W310×D215×H235mm

※2020年10月6日発売「GoodsPress」11月号掲載記事をもとに構成しています

>> 【特集】コスパ最強!ホムセン家電

<取材・文/津田昌宏>

 

【関連記事】

◆サーキュレーター付き加湿器で乾いたリビングの隅々まで潤いを! 
◆おうちコーヒーの行き着く先はやっぱり“自家焙煎”でしょ! 
◆ゴミ箱に蓋は欲しいけど触りたくないならオートが便利! 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング