GPS、Suica、音楽プレーヤー、各種センサー… 機能性が桁違いなGarminの本格ダイバーズ

&GP / 2020年10月29日 15時0分

写真

GPS、Suica、音楽プレーヤー、各種センサー… 機能性が桁違いなGarminの本格ダイバーズ

ダイビングといえば夏のマリンアクティビティというイメージがありますが、実は寒いシーズンは人も少なく、水中のプランクトンが減り海水の透明度も高いため、冬のダイビングを楽しむダイバーも少なくありません。

そんな、上級ダイバーに最適なGPSウォッチがGarminより登場した「Descent Mk2(ディセント エムケーツー)」(14万8000円/税別)と「Descent Mk2i(ディセント エムケーツーアイ)」(17万8000円/税別)です。

GPSや豊富なセンサー、カラーマップなどでダイビングを強力にサポート。ダイビングだけでなく各種スポーツの計測もでき、Suicaでの決済や音楽再生機能なども搭載した、マルチなウォッチです。

▲「Descent Mk2」

「Descent Mk2」「Descent Mk2i」のひとつ目の特徴は、高い視認性。海の中でも太陽光の下でも見やすい半透過メモリインピクセル(MIP)液晶を採用した1.4インチカラーのディスプレイは、第1世代と比べて36%拡大しています。

▲「Descent Mk2i」

ディスプレイの明るさを変えられるので、暗い海中でも視認性を確保。さらに、ボタンだけでなくディスプレイをタップすることで画面を切り替えられるのも使い勝手がいい点です。

GPSほか計4つの衛星測位システムと、高度計・気圧計・コンパスの3つのABCセンサーのほか、水中心拍に対応した光学式心拍計、加速度計、温度計、深度センサーなどを搭載。

ダイブモードは、単一ガスモード、マルチガスモード、ゲージモードほか、6つのモードから選べ、ダイビングの開始位置と終了位置を自動的に記録します。水深1.2mに達するとタイマーがスタートし、水深、水温、潜水時間、NDLなど各潜水データも自動的に記録。デバイスに最大200の潜水データを保存しておけます。ダイブ中には、的確な浮上指示や情報、危険性も音とバイブレーションで知らせてくれます。

また、行きたい方向や開始地点などを設定しておけば、水中3軸電子コンパスがナビゲート、カラーマップで確認できます。このほか、スマホアプリと連動することで、さらにできることがグンと広がります。バッテリー性能もバツグンで、ダイビングモードなら約80時間、バッテリー節約ウォッチモードなら約50日間も稼働します。

これらのGPSやABCセンサー、MAP機能などを使って、ダイビングだけでなくランニング、ゴルフ、スキー、登山など様々なスポーツの計測も可能なので、スポーツウォッチとしても使えるのも嬉しいところ。

さらに、Suicaの支払い決済機能や音楽再生機能を搭載するなど、日常でも使える機能も備えています。まさに、水中でも、陸地でも、街でも活躍するマルチなウォッチです。

また、「Descent Mk2i」と ペアリングすることで最大5台のタンク圧力をモニタリングできるアクセサリ製品「Descent T1 Transmitter」(4万5000円/税別)も、2021年初春に発売予定だそう。ダイビングをこよなく愛する人はこちらもチェックです。

>> Garmin「Descent Mk2」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ガーミンのガチGPSウォッチが待望のソーラー充電対応に! 
◆最大56日間稼働!ミルスペック仕様のガーミン新作GPSウォッチ 
◆ガーミンの日本限定GPSウォッチはランニング機能が超本格派! 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング