子ども向けWindowsタブレット組み立てキットだけど大人がやっても楽しそう!

&GP / 2020年10月30日 11時0分

写真

子ども向けWindowsタブレット組み立てキットだけど大人がやっても楽しそう!

仕事に趣味に大活躍のタブレットPC。機能については使いこなしているつもりでも、ハードウエアとしての仕組みについては大人でも案外知らなかったりしますよね。

小学校でもIT教育が推進されている今、この際子どもと一緒に基礎から学んじゃいましょう! ということで、イギリス生まれの教育用Windowsタブレット「Kano PC for GIGA school」(オープン価格)をご紹介します。

「Kano PC for GIGA school」は、先行発売中の教育現場向けWindowsタブレット「Kano PC」のGIGAスクール向けモデル。基板やバッテリー、スピーカーなどの部品一式が同梱された製作キットで、ひとつひとつのパーツをユーザー自らが組み立てながら、コンピュータ内部の仕組みと働きを、目で見て理解しながら学べるようになっています。

PCの自作というとちょっと敷居が高い気がしますが、付属のブックレットを見ながら組み立てられるし、ハンダづけのような細かい作業や複雑な設定があるわけではないので初心者でも大丈夫。本体をカバーする筐体は、スケルトンになっているので、完成後も自分で組み立てたパーツを目で見て楽しめます。

本体には、Windows 10 Proを搭載しており、完成したタブレットPCは、自社製アプリを使ってコンピュータの内部の仕組みやコーディングなどの基本知識を遊びながら学べます。また、今回のモデルにはGIGAスクール向けとしてKano純正のフレキシブルアーム式Webカメラもついており、オンライン学習にも対応できるようになっています。

オレンジカラーが可愛いキーボードはカバースタンドを兼ねたもので、国内で最も一般的に使用されているJIS配列に準拠。小さな子どもが使うものとなると耐久性がやや心配ですが、「Kano PC for GIGA school」は高さ約1mからの落下テストを実施している点も安心できます。組み立て可能な仕様ゆえ、万一バッテリーなどに故障が発生した場合も、該当する部品を交換することで復旧できるのもありがたいところ。

かんたんにスペックも整理しておきましょう。CPUはIntel Celeron N4000で、メモリーは4GB RAM DDR3L、ストレージはeMMC 64GBでmicroSDカードの増設も可能。もちろん無線LANに対応しており、USB 3.0対応のType-AやUSB-Type C、HDMIなど拡張ポートも一般的なものが付いています。

ディスプレイは11.6インチタッチスクリーン、本体重量はキーボード無しで1.23kg。キーボードを含めると1.765kgと、子どもにとってはやや重さがありますが、室内での使用が中心であることを考えるとむしろこれくらいの重さがあったほうが安定して使えるかもしれません。

10月下旬よりGIGAスクール関連企業向けに発売予定とのことですが、これは大人だって欲しいかも!

>> リンクスインターナショナル「Kano PC for GIGA school」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆今度のLet's noteは最初からACアダプターが2個付きだって! 
◆我が子に持たせるならタフに扱っても平気なPCがいいかもね 
◆顔認証、Wi-Fi 6対応のスリムノートで仕事がはかどる! 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング