自宅カフェ実現?ワッフルをタテに焼くとどうなるの?

&GP / 2016年4月22日 19時57分

写真

自宅カフェ実現?ワッフルをタテに焼くとどうなるの?

「ワッフルメーカーが家にあったら、カフェみたいにコーヒーを入れて……あぁ、出来立ては美味しいだろうな」なんて考えたことがある人、案外多いのではないだろうか。でも、たまにしか使わないし、ワッフルメーカーって一体どこに置いたらいいの……?と急に夢から覚めて現実に引き戻されてしまう人がほとんどだ。

関連記事:放っておけばOK!便利な調理家電ベスト5

■そうか、この手があったか!タテ型でスリムになりました

これまでの常識を覆す省スペース型のワッフルメーカーがクイジナートから登場した。なんと「縦型」で上部の注ぎ口から生地を流し込むだけで、きれいな丸形ワッフルを均一に焼きあげるという新しい発想。わずか22×17cmのスペースに収まるから、キッチンに出したままでもOK。収納の手間も省ける。

 

wafv100_internal_rf_mlf

ふんわり柔らかいアメリカンワッフルから、ハーブやチーズを入れた軽食になるワッフル、発酵させて甘く仕上げたベルギーワッフルなど、バリエーションも豊富で、1枚わずか2~3分程度で焼きあがるというのも嬉しい。これならデイリユースはもちろん、ホームパーティの主役になること間違いなし。

wafv100_silo_lf_waffle_mlf使い方は、至ってシンプル。専用カップに材料を用意し、5段階の焼き加減調整ダイヤル(低温~高温)を選択。予熱ランプが点灯したら生地を流し込んで、スイッチオン。あとは焼き上がりを待つだけで、美味しいワッフルが出来上がる。料理は苦手という人もこれなら安心だ。美味しいうえに簡単なので、食べ過ぎにはご注意を!

【クイジナート 縦型ワッフルメーカー】

1万5800円
http://www.cuisinart.jp/

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング