文字盤上でキス!?まるで舞台のような「ヴァン クリーフ&アーペル」

&GP / 2021年1月19日 21時0分

写真

文字盤上でキス!?まるで舞台のような「ヴァン クリーフ&アーペル」

【世界の永久定番 腕時計雑学図鑑⑥】

時計の世界で誰もが「傑作」「定番」と認める腕時計には、特別な技術、人を感動させる歴史、 特別な物語があります。2021年の幕開けに、歴史や技術を継承・発展させて生まれた「現代の永久定番」腕時計と、思わず人に話したくなるその腕時計の物語をお届けします。

とてつもなく高価なものから手が届くものまで、どの時計のエピソードもモノ好き、時計好き、蘊蓄(うんちく)好きの男性なら楽しんで頂けるはず。素晴らしい18本の「時計の物語」をお楽しみください。

今回は、ヴァン クリーフ&アーペル「ミッドナイト ポン デ ザムルー ウォッチ」を紹介します。

■ロマンティックな物語を文字盤で再現

オートマタ(からくり機構)とは昔の時計師たちが、顧客である王侯貴族のリクエストに応じて作った、遊び心のある楽しいメカニズム。 世界トップのハイジュエラーとして独自性のあるウォッチを製作するヴァンクリーフ&アーペルは、「ポエティックコンプリケーション(詩的な複雑時計)」というコレクションで、彼らの精神と技術を継承。優雅な物語を表現する機械式時計を創造してきた。

このモデルは2010年に登場したレディスモデルのメンズ版。文字盤左側のパラソルをさした女性の針が左から右に動いて「時」を、右側の花を持った男性の針が右から左に動いて「分」を、それぞれの位置で表示する。

そして昼と夜の12時になると、男女の針は橋の中央で近づき、そして1分間だけキスを交わす。なおこのロマンティックなキスシーンはケース左下のボタンを押すことでいつでも好きなときに「上演」できる。これほど優雅なオートマタウォッチは他にない。

■深夜時と昼の時、一日に度だけ恋人たちが橋の上でキスを交わす

ヴァン クリーフ&アーペル
「ミッドナイト ポン デ ザムルー ウォッチ」(1346万4000円)

舞台はパリの夜。きらめく星空の下、セーヌ河にかかる橋。そこで落ち合い、また離れる男女の恋人たちの姿をレトログラード(往復運動) 機構で表現しながら、ふたりの位置で時刻を表示する。物語と時刻表示を巧みに両立した、ロマンティックでファンタジックな腕時計。ケース径42mm、自動巻き、ホワイトゴールドケース、3気圧防水

▲昼の景色を描いたレディスモデル「レディアーペル ポン デ ザムルー ジュール ウォッチ」(1478万4000円)

▲女性は1時間ごとに着実に、男性は60分ごとに行き戻りしながら、時の経過と共にふたりは次第に近づき、最後にキスをする。そして終わるとふたりはそれぞれ橋の端に戻る

 

>> 【世界の永久定番 腕時計雑学図鑑】

※2020年12月6日発売「GoodsPress」1.2月合併号掲載記事をもとに構成しています

<企画・執筆・編集/渋谷ヤスヒト>

 

【関連記事】

◆“時を知る”基本を極めた「ロレックス オイスターパーペチュアルデイデイト40」 
◆“究極の複雑機構”を搭載した「パテック フィリップ グランドソヌリ6301P」 
◆“究極のトゥールビヨン”を携えた「ブレゲ ケ・ド・ロルロージュ」 

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング