おうちカフェを実現するデロンギの全自動コーヒーマシン

&GP / 2021年2月25日 21時0分

写真

おうちカフェを実現するデロンギの全自動コーヒーマシン

家で過ごす時間が増えたことにより、コーヒーマシンの購入を考えている人も多いと思います。ですが、コーヒーの味についてこだわりたいのはもちろんのこと、一日に何杯も飲むからこそ手間のかからない一台を選びたいですよね。

「デロンギ マグニフィカ S スマート 全自動コーヒーマシン(ECAM25023SB)」(9万8780円 編集部調べ)は、そんな願いを叶えてくれる一台。コーヒーグラインダー(ミル)を搭載し、ボタンひとつで “挽きたて” の一杯を楽しめるうえ、ふわふわ泡を作れるミルクフロッサーでカフェラテやカプチーノなどのミルクメニューにも対応。本格派であるにもかかわらず、操作から手入れに至るまで手間いらずです。

「デロンギ マグニフィカ S スマート 全自動コーヒーマシン(ECAM25023SB)」は、香り豊かで味わい深い「エスプレッソ」、濃密でリッチなテイストの「エスプレッソダブル」、デロンギのオリジナルメニューであるフルーティーなライトコーヒー「スペシャルティ」に加え、日本人好みの味わいに仕立てたレギュラーコーヒー「カフェ・ジャポーネ」の4つのメニューが楽しめる一台。

さらに、キメ細かいなめらかなフォームミルクが簡単に作れるミルクフロッサーも搭載しているので、ふわふわ泡のカフェラテやカプチーノといったミルクメニューも楽しめます。

本格的なのが、コーン式コーヒーグラインダー(ミル)を搭載し、豆を挽くところから自動で行ってくれる点。摩擦熱が発生しにくい低速回転によって、コーヒー豆のアロマを逃がさずに挽けます。コーヒー粉専用投入口も搭載していて、豆と粉のどちらも使えるのが便利です。

また、豆量調整つまみでコーヒーの濃さ(豆の量)を設定するだけでOKなので、面倒な豆の計量も必要なし。投入口に豆をザっと入れてメニューボタンを押すだけで最適な一杯を抽出してくれます。

デロンギの全自動コーヒーマシンに採用されているサーモブロックボイラーが理想的な抽出温度をキープ。さらに、コーヒーの量(抽出量)、抽出温度は自由に設定ができるので、自分好みの一杯を作れます。

さらに、水を軟水化するウォーターフィルターを搭載しているのも特徴で、コーヒー本来の味や香りを引き出す軟水にしてくれるうえ、マシン内部への石灰分の付着を抑えます。

ダイレクトボタンにはバックライトを備えていて見やすく、操作も簡単。日々のお手入れは、カス受けに溜まったカスを捨て、各パーツをサッと洗うだけと最小限です。マシンの心臓部である抽出ユニットも取り外して洗えるので、常にクリーンに保てます。

「デロンギ マグニフィカ S スマート 全自動コーヒーマシン(ECAM25023SB)」は、3月4日より発売予定で、現在予約注文受付中です。

>> デロンギ

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆レギュラーコーヒーも淹れられる!UCCのカプセル式コーヒーマシンを使ってわかった3つのポイント 
◆デロンギの全自動コーヒーマシンって普通のコーヒーも淹れられるって知ってた? 
◆自宅でもエスプレッソを!イタリアの本格小型マシンが日本にやってくるぞ! 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング