1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

ハンドドリップ派注目!多角形のコーヒードリッパーが出たよ

&GP / 2016年5月4日 7時0分

写真

ハンドドリップ派注目!多角形のコーヒードリッパーが出たよ

コーヒーをハンドドリップで淹れるコーヒー好きにとって、ドリッパーの形状によってコーヒーの淹れ方や味が変わることは当たり前。コーヒー好きでなければ、なにが違うの?と突っ込まれようとも(笑)、こだわりたくなるのです。

そんなこだわり派に、貝印キッチン用品の高級ライン「KaiHouse(カイハウス)」ブランドとコーヒーハンターの川島良彰氏が共同開発したスペシャルティ ドリッパー「The Coffee Dripper(ザ コーヒードリッパー)」(5400円)はいかがでしょう。
 

関連記事:淹れたてコーヒー!Bluetoothで遠隔操作できるネスプレッソ

機能とデザインを両立させる、多角形を採用

「KaiHouse×Micafeto」は、世界中のコーヒー農園を回り、コーヒーを知り尽くしたミカフェート代表のコーヒーハンター・川島氏の「自宅で最高のコーヒーを楽しんでほしい」という想いを形にしたシリーズ。
第三弾の「The Coffee Dripper」は「コーヒー好きが自分で抽出スピードを調整できる」ことをテーマに製作。

sub4

ドリッパー内部のリブ(凸部)の高さと直線の斜め配置を工夫した構造で、従来のドリッパーにあった水流の抵抗を最小化。使う人の好みのスピードで抽出でき、安定した濃さを調整できます。
また、抽出時間に影響する「抜け」のよさを実現するために、円ではなく多角形のデザインを採用し、美しいデザインに仕上がっています。
素材は、自然な風合いが美しく高い強度を持つ有田焼。ひとつひとつ職人による手仕上げでつくられた贅沢なアイテムです。ギフトとして贈っても喜ばれること間違いありません。

sub2

 

ドリッパーは5400円、同デザインでそろえられるコーヒーミルは8640円。全国の有名百貨店、全国のミカフェートの店頭、貝印の公式オンラインサイトなどで4月22日より発売を開始しています。

(文/&GP編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング