1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

新ブランド「ROAMY」は履き心地も気分もなんだかいい感じ!

&GP / 2021年3月27日 17時0分

写真

新ブランド「ROAMY」は履き心地も気分もなんだかいい感じ!

スニーカーブランドというと、NIKE(ドイツ)、adidas、CONVERSE(共にアメリカ)などの海外の有名ブランドがひしめくなか、忘れてはいけないのが日本を代表する老舗スニーカーブランド・MOONSTAR(ムーンスター)。

140年もの長きにわたり日本人の足元を支え続け、日本人の足を知り尽くしたムーンスターから、この春新プロダクトライン「ROAMY(ローミー)」が登場します。街歩きに適した心地よい履き心地を実現しており、優しくシンプルなデザインと相まって、とにかく色々しっくりくる!

▲「SOCLE」(サックス)

「(あてもなく)歩き回る」という意味のroamから名付けたという「ROAMY」は、何もない日常にこそ履いてほしいという思いが込められており、履き心地、デザイン、素材に使う材料まで、 “しっくりくる靴” を目指して作られています。

ラインナップはレースアップタイプの「SOCLE(ソクル)」(1万3200円)と、バンドタイプの「COSY(コージー)」(1万3200円)の2モデル。

アッパーは、足馴染みの良さを追求し、国内のニットメーカーとともに靴に適したフィット性とホールド性を満たすニットを開発。また、アウトソールには耐久性、軽量性、クッション性を実現するため、劣化しにくく軽量性、弾力性、防滑性に優れたムーンスター独自のウレタン素材を採用。インソールには、発泡ラバーを組み合わせています。

▲「SOCLE」(ブラック)

▲「SOCLE」(ベージュ)

「ROAMY」のもうひとつのこだわりが、材料や製造方法など、環境に配慮した生産を心がけることで “気持ちが満たされる靴”を目指していること。

ニットの原料には、国内の廃ペットボトルの再生糸を使用しているほか、インソールにはヴァルカナイズ製法の裁断時に残る生ゴムを原料として使用。さらに、アウトソールはニットの編み目に液状のソール材を食い込ませて接着しており、接着剤は一切使っていません。

▲「COSY」(ブラック)

▲「COSY」(ベージュ)

なおサイズは「ソクル」「コージー」ともにハーフサイズなしで22.0~28.0cmを用意。カラーバリエーションは「ソクル」がサックス、ブラック、ベージュの3色展開で、「コージー」はブラック、ベージュの2色展開。公式オンラインショップなどにて販売中です。

>> MOONSTAR「ROAMY」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆春らしい軽やかさに心躍るパリ発のニューレトロスニーカー 
◆長時間履いてもムレないシューズで春は足元から爽やかに 
◆英国発祥のクロカン用スニーカーはやっぱりどこかスタイリッシュ! 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング