1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

ボタンひとつでテレビ電話。これならデジタル苦手でも大丈夫

&GP / 2021年4月20日 15時0分

写真

ボタンひとつでテレビ電話。これならデジタル苦手でも大丈夫

遠く離れた高齢の両親が心配でも、なかなか気軽に会いに行けない今日この頃。ビデオ通話でコミュニケーションを取りたいけれど、スマホを送っても「操作がわからない」と使ってもらえなかったり、放置され気味だったり。ビデオ通話のできるデバイスを送りたくてもWi-Fi環境がないため難しい…。

そんな状況下で活躍するのが、多機能型コミニケーション・プロジェクター「LQ(エルク)」(2万3800円~ 4月20日)です。コンパクトな卓上型デバイスで、Wi-Fiもいらずワンタッチでビデオ通話ができるので、オンライン帰省も簡単にできますよ。

「LQ」の大きな利点は、本体の中に搭載されたSIMカードによってLTE接続でき、Wi-Fi環境がなくても単体でインターネット通信ができること。簡単なステップでインターネット設定ができるeSIM設定で、購入者が設定を終えて相手に送れば、相手側は届いてすぐにコンセントを挿して電源ボタンをオンにするだけで使い始められます。

本体は縦約211.5×横80×幅80mmというサイズで、四角形のボディに円筒形のパーツが組み合わさったフォルム。

ユニークなのが、本体に画面が搭載されているのではなくプロジェクターで壁に映像を投影する仕様で、この外側のプロジェクターと内側の見守りカメラをあわせて、映像付きで会話を楽しめます。もちろん、映像のない普通の電話も可能で、音声メッセージも残せます。

本体にはAndroid OSが搭載されていて、ボタンをワンタッチするだけで手軽に発信・着信が可能。電話と違ってハンズフリーで話せるので、高齢者でも体に負担なく使えるのもメリットです。内蔵のLEDライトで本体が光るので、着信を視覚でも確認できます。

2台の「LQ」同士でつながることもできるし、専用アプリをインストールしたスマホと「LQ」での通信も可能。これなら、手軽に見守りができそうです。

現時点では2台のデバイスしか繋げることはできないものの、年内には複数のデバイスをつなげられるよう開発を進めるとのこと。近いうちに、兄弟や親族とも共同で使えるようになるかもしれませんね。

>> kibidango

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆イエナカ時間はサブスクで映画三昧ならプロジェクターってのもアリですよ 
◆家でも外でもスマホと相性のいいモバイルプロジェクターで楽しもう 
◆家族誰でも使えるプロジェクターで変わる映像体験 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング