おいしいコーヒーを家で飲みたい!厳選コーヒーメーカー5選

&GP / 2016年5月16日 17時0分

写真

おいしいコーヒーを家で飲みたい!厳選コーヒーメーカー5選

朝の目覚め、仕事の合間の息抜き、食事の終わりに。毎日に欠かせないコーヒー。自宅やオフィスで飲む1杯をもっと美味しくしたい!

『&GP』でこれまで紹介したコーヒーメーカーから、オススメの5アイテムをピックアップ。最高のマシンが1台あれば、暮らしの満足度がグンと上がるのは間違いなしです!

プロの味からお手軽まで、おいしい一杯がすぐ飲めます!

お店の味を自宅でも!いつかは欲しいデロンギ

デロンギ「マグニフィカ 全自動エスプレッソマシン(ESAM03110S)」

美味しいエスプレッソがない人生なんて! そんな人なら、本格マシンの導入も視野に入れてみては。

本場イタリアの家電ブランド「デロンギ」。カフェなどに設置された大きなマシンもよく目にしますが、家庭用の全自動マシンのラインアップも豊富です。
5月に発売された「マグニフィカ 全自動エスプレッソマシン(ESAM03110S)」はそのエントリー機種。
esam03110s-537x720

操作やお手入れはシンプルながら、1杯ごとに豆を挽いて抽出されるエスプレッソは本場の味です。さすがマグニフィカシリーズ!
colatacaffe-360x540
前面についているアナログ式のつまみを回せば、無段階で抽出量や粉量(濃さ)を調節できるのも嬉しいところ。スマート系の家電が流行する中、感覚的で実感を伴う操作感が新鮮です。

「マグニフィカ 全自動エスプレッソマシン(ESAM03110S)」は5月10日発売、価格は10万2600円。

関連記事→本気でいいコーヒーメーカーを買ってみたい

 

インテリアにも合う! このレトロ感たまらない!

メリタジャパン「Aromaboy(アロマボーイ)」

1979年に発売されたコーヒーメーカー「Aromaboy(アロマボーイ)」の復刻版。何と言っても、このルックスです!
main11-720x560
大人世代にとっては「ああ、小さい頃ウチにあったなあ」とか「テレビの中で見た気がする」など、郷愁を誘います。数量限定で発売されたものが大人気で追加発売となったというのも頷ける話です。

濃密なエスプレッソもいいけれど、蒸らしの効いたドリップコーヒーも日本人としては落ち着くところ。ひとり用というパーソナルな位置付けも、シンプルな使い勝手の良さが感じられます。忙しい朝でも、アロマボーイがこぽこぽこぽと音を立てていたら和みそうですね。価格は5400円。

関連記事→レトロデザインにひと目惚れ!メリタ復刻コーヒーメーカー

電源いらず!ちょと濃いコーヒーがお好みなら

キーコーヒー「PUSH PRESSO(押すプレッソ)」

ここで変わり種をひとつ。エスプレッソは好きだけど、本格マシンはちょっと大きいし高いかな……という場合にオススメの「PUSH PRESSO(押すプレッソ)」です。
push-720x480

PUSH PRESSOはキーコーヒーが提案するコーヒーの新ジャンル。専用ポッドをホルダーにセットし、カップに直接淹れていく方式です。
DSC_4670-240x360
抽出方法はホルダーの蓋を15〜30秒ほどかけて数回プッシュするだけ!
味はエスプレッソの濃厚さと、ドリップコーヒーの滑らかさを合わせもっています。気軽にグッと濃いコーヒーを飲みたい人にぴったり。PUSH PRESSO一式と熱湯があれば淹れられてしまうので、キャンプでも活躍してくれそうです。

参考価格はホルダー538円、専用ポッド(10個入り)各430円。ホルダーと専用ポッド3種をセットにした数量限定のスターターキットの参考価格は540円。
関連記事→濃いめコーヒー好きに! カンタン押すだけエスプレッソ

 

ITエンジニアが作った理知的かつスローな1台

「BLOSSOM ONE BREWER」

マサチューセッツ工科大学卒業、アップルやテスラモーターズなどでエンジニアとして働いていたジェレミー・クエンペルと、カリフォルニア州立工科大学卒業後NASAエイムズ研究センターでエンジニアを務めていたマット・ウォリサー。
このおよそコーヒーとは関係なさそうな経歴の2人が開発したのが「BLOSSOM ONE BREWER」。
01-01-496x720
2015年12月から日本でも販売が開始された気鋭にして唯一無二のドリップ式コーヒーマシンです。0.5度単位という、超精密な温度管理が豆の個性や魅力を引き出します。本体には抽出温度や蒸らし時間などのレシピを登録でき、その設定に従ってアラームが鳴ります。

そしてまさしく理系の精密さとともに、この「BLOSSOM ONE BREWER」の個性となるのが、多分に手作業が盛り込まれた工程。
02-06-720x480
豆の量を調節したり、かき混ぜたり、ある意味ユーザーに手間とこだわりを要求する機械でもあります。さらには価格は98万円(税別)!

手軽ではない。でもこの妥協の無さ、最高にエレガントです。

関連記事→ITエンジニアがコーヒーメーカーを作ったら?「BLOSSOM ONE BREWER」

 

アプリで遠隔操作!家に帰ったら淹れたてが出来てます!

NESPRESSO「Prodigio(プロディジオ)」

オフィスに家庭に、すっかりお馴染みになった感のあるネスプレッソ。新モデルの「Prodigio(プロディジオ)」はBluetooth機能搭載のコーヒーメーカーです。間違えちゃいけないのは、ネスプレッソはただのインスタントではありません。「いつでも同じクオリティでおいしいコーヒーを楽しめる」マシンです。

25835404203_o-429x540

スマートフォンやタブレットに専用アプリを入れておけば、遠隔操作で抽出できるというすごいヤツ。「この仕事が一区切りしたら、エスプレッソを飲むんだ」とスマホをポチッ。席を立って、マシンの前に行くころには抽出ができているというわけです。

タイマー機能もあるので、朝の目覚めに合わせたり、ムダ会議強制終了の合図に使ったりもできそうです。

アプリからはコーヒーカプセルの残数を管理したり、補充品の注文も。さらにメンテナンスが必要な際にはプッシュ通知を送ってくれるので、すべてのフォローをアプリ内で完了できます。

「ネスプレッソ」アプリはApp StoreやGoogle Playにてダウンロード可能。カラーはシルバーとチタンの二種類。価格は2万4840円。

関連記事→淹れたてコーヒー!Bluetoothで遠隔操作できるネスプレッソ

 

(文/&GP編集部)

 

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング