1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. モバイル・アプリ

普段は窓にピタッと貼って充電、いざというときはLEDライトにもなるぞ!

&GP / 2021年7月3日 17時0分

写真

普段は窓にピタッと貼って充電、いざというときはLEDライトにもなるぞ!

地震や突風など、予測のつかない自然災害。いざというときに困ることのないよう日頃から備えておくのが理想だけど、例えば普段の生活のなかでもよく使うモバイルバッテリーなどは、常に満タン状態にしておくのはなかなか難しかったりしますよね。

そこで提案したいのが、毎日の暮らしのなかで活用しつつ、非常時にも備えられる「Light Disc Solar」(9210円~ 7月3日現在)。クラウドファンディング・CAMPFIREにて8月10日までプロジェクト実施中です。

この「Light Disc Solar」、ごくざっくり説明すると直径15cm弱ほどのディスク型モバイルバッテリーなのですが、本体に調光可能な3W LEDライトとDC5V/0.25Aのソーラーパネルを搭載しています。

ソーラーパネル側には、貼ってはがせる粘着パッドが付いているので、窓ガラスや壁などに貼り付けての使用が可能。太陽光を使って日常的に発電して内蔵バッテリーに蓄電させておけば、常時フル充電状態をキープしておけます。

搭載するLEDライトの点灯や消灯はタッチ操作で行いますが、非常時に役立ちそうな機能として、周囲の明るさに応じてライトが自動で点灯する「ムーンモード」を搭載している点にも注目。突然の停電時にも、周囲の暗さを判断して即点灯というのはかなり頼もしいし、廊下や階段などに設置しておけば夜間の足元の安全を確保するのにも役立ちそう。避難に備えた非常持出袋や備蓄の近くに備えておけば目印にもなって便利です。

内蔵バッテリーの容量は2000mAhで、フル充電状態から最大12時間のLED点灯が可能。もちろん、一般的なモバイルバッテリーと同じくスマホなどに給電できるし、USB Type-Cポート経由で充電することもできます(ただし充電器は付属しないため、充電には手持ちのACアダプターなどが必要)。

付属のUSB Type-C-USB Type-Aケーブルは本体に巻きつけて収納できるので、「大事なときにケーブルが見つからない!」なんて慌てずに済むのもいいですね。

>> CAMPFIRE

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆キャンプにひとつあると便利!小っちゃくて水にも強いLEDライト 
◆普段使いできる大容量モバイルバッテリーならいざというときもすぐに持ち出せる
◆防災用に持っておく?ソーラーパネル付きモバイルバッテリー 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング