1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

ごはんがススム“おかず”を作れる自動調理鍋&オーブンレンジ6選【必需家電[新]大全】

&GP / 2021年7月19日 20時0分

写真

ごはんがススム“おかず”を作れる自動調理鍋&オーブンレンジ6選【必需家電[新]大全】

【特集】必需家電大全

煮込み料理から炒め物まで、さまざまなレシピに対応する自動調理鍋。さらに焼き物だけではなく、近頃はレンチンでのごちそうレシピも人気のオーブンレンジ。ごはんが無限に食べられるおかずを生み出す2つのジャンルから、注目モデルを家電+ライフスタイルプロデューサー神原サリーさんのコメントと共に紹介しよう。

*  *  *

■キッチン家電の中心的存在に

「もはや一家に一台というレベルで普及し始めているのが自動調理鍋です」と神原さん。カレー、角煮などおなじみの煮込み料理はもちろん、機種によっては炒め物、蒸し料理にも対応するモデルも登場。今や “ごちそう” を生み出すキッチン家電の中心になりつつあるという。

「当初は時短という目的で使用されることが多かったのですが、自宅時間が増えることで、長時間の煮込みメニューにも使われるようになってきましたね」

一方、高機能、高級家電の代名詞、オーブンレンジの人気も健在といったところ。

「こちらは時短で使われることも増えています。ボウルに材料をすべて入れレンチンするだけなのですが、電子レンジの機能が高く、手軽にごちそうが作れます。もちろんオーブンの機能も充実。スマホと連携すれば、あらゆるレシピを失敗せずに作れますよ」

また、ヘルシーメニューが得意という点も人気の要因だという。

「肉、野菜などを一緒に調理できるんです。心身共に不調をきたすこともあるこんなご時世なので、美味しいだけではなくバランスのとれた健康的なおかずを作りたいですね」

 

家電+ライフスタイルプロデューサー・神原サリーさん
出版社や新聞社勤務、フリーライターを経て、家電+ライフスタイルプロデューサーとして独立。2015年に事務所兼「家電アトリエ」オープンし、様々な家電のレビューをはじめ、それらを使ったライフスタイルの提案などを行なっている

 

■電気調理鍋

1. 圧力調整機能でしっとりホロホロの煮込みを!

象印マホービン
「自動圧力IHなべ EL-MB30」(実勢価格:3万8980円)

圧力IH炊飯器の技術を使ったロングセラーモデル。実は我が家では一番活躍している自動調理鍋です(神原さん)

レシピによってかける圧力を途中で切り替える「可変圧力」と、1.2気圧を継続する「一定圧力」という2種類の圧力調整機能を搭載。煮崩れを防ぎながら、味もしみ込ませるというプロの技術を再現している。さらに予約調理もできるようになり、より使いやすく進化している。

▲付属の「メニュー番号ガイド」からレシピを選んでボタンを押すだけで、肉も魚も野菜も美味しく仕上げてくれる

▼洗いやすくて耐久性抜群の内鍋

▲角煮など長時間の煮込み料理でもこびりつきにくく、洗いやすい内鍋。さらに取っ手がついて、アツアツの料理も取り出しやすい

 

2. 自動火加減、かきまぜ機能を搭載。今日からプロ並の料理上手に

シャープ
「ヘルシオ ホットクック KN-HW16F」(実勢価格:5万3220円前後)

スマホ連携でメニューが増やしていけるほか、夏でも調理中に傷まない予約調理ができるところも◎(神原さん)

かきまぜから火加減の調整まですべて自動。焦げやすいカレーや無水調理メニューまで、加熱しながらかき混ぜることでしっかり味がしみ込む。調味料が少なくて済むので、自宅時間の増加で健康に気をつかう人にも最適。

▼煮物からオムレツまですべて自動でお任せ!

▲じっくり煮込み料理からスピードメニューまで、Web連携であらゆるメニューにチャレンジできる

▼Web連携で好みを学習

▲無線LAN接続すれば専用レシピサービスからメニューの検索が可能。使うほどに好みを学習し、最適なメニューを提案してくれる

 

3. 高圧で素早くふっくら仕上げ。コンパクトな自動圧力なべ

A-Stage
「Re・De Pot」(実勢価格:1万4800円前後)

コンパクトなだけではなく、使い方も簡単で洗いやすい。実は炊飯も得意で、スピード炊き上げでもかなりおいしい(神原さん)

塊肉もやわらかく仕上げる「圧力調理」、火加減の難しい料理もじっくり仕上げる
「スロー調理」機能を搭載。扱いやすいコンパクトなサイズ、おしゃれなデザインのため、テーブル上に置いても違和感なし。

▼時間のかかる無水カレーもスピード調理!

▲高圧で水分を逃がさず甘みをじっくり引き出す。約40分ほどで本格的な無水カレーが完成する

▼最大1.8気圧で根菜もやわらかく

▲高圧を保つことで100°C以上の沸点で調理。お米や固い根菜なども、短い調理時間でやわらかく仕上げる

 

■オーブンレンジ

4. 独自の「過熱水蒸気」で肉も魚もスイーツも完璧

シャープ
「ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XA20」(実勢価格:18万7000円前後)

たくさんあるメニューも音声対話で探せるので使いやすい。献立相談機能も便利です(神原さん)

一般的に熱風で調理すると表面が乾き、食材の水分が奪われていくが、ヘルシオは高温の過熱水蒸気を庫内に充満させて調理するため、素材の旨味を引き出して調理する。肉など美味しく焼くのはもちろん、天ぷらやパンなどもサクッと作りたてのように温められる。

▼上下2段で異なる調理が可能

▲上段では炒める・焼くなど、下段では温野菜などの蒸し料理など、上下2段で複数のメニューをたっぷり作れる

▼レストランと同様の味を自宅でも!

▲厳選食材提供サービスの「テーブルズ」を利用することで、さらに本格的な料理を楽しめる

 

5. 予熱なしでもOK。高火力で美味しさを逃がさない

パナソニック
「スチームオーブンレンジ ビストロ NE-BS908」(実勢価格:約12万円前後)

ビストロはオーブン、電子レンジともに高機能。まるで炭火のような高火力で魚も美味しく仕上げます(神原さん)

肉や魚のグリルから、パン焼き、蒸し料理まで対応する機能充実の高性能モデル。予熱なしでもすぐに使える高火力と高機能センサーが特徴。食品の温度が冷凍か常温かを判別し、冷凍の場合は高火力のヒーターで解凍しながら旨味を閉じ込めつつ一気に焼き上げる。

▼上下の両面グリルで手早くこんがりジューシーに

▲上からは大火力極め焼きヒーター、下は高温フェライトがマイクロ波を吸収して加熱。裏面もしっかり焼き上げる

 

6. 食品に合わせて自動で加熱量を調節

日立
「ヘルシーシェフ MRO-W1Z」(実勢価格:10万4000円前後)

ユーザビリティが良くてオーブンもレンジも使いやすい。まさに“ちょうどいい”モデルです(神原さん)

食材自体の温度・重量を計測し、最適な加熱量を調整する「Wスキャン」に新制御を採用。野菜から出る水分を抑え、シャキシャキの食感の料理をお任せで調理してくれる。じっくり料理、スピード料理の両方に対応する。

▼レンジとは思えないシャキシャキの仕上がり

▲1000Wの高火力レンジにより、野菜も肉も一気に加熱。中華料理のごちそうもワンボウルで作れる

【特集】必需家電大全

※2021年7月6日発売「GoodsPress」8.9月合併号38-39ページの記事をもとに構成しています

<取材・文/今雄飛(ミラソル・デポルテ)>

 

【関連記事】

◆匠のワザで極上ごはんを炊き上げる最新炊飯器4選【必需家電大全】 
◆コンビニのジャンボサイズの焼き鳥もしっかり端まで焼けちゃうぞ! 
◆自家製の美味いパンが毎日食べられるって最高だよね! 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング