1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

トースターでもご飯を炊けるって知っていた?

&GP / 2021年7月26日 19時0分

写真

トースターでもご飯を炊けるって知っていた?

ひとり暮らしの一人分のごはん、毎日炊くのってちょっと面倒ですよね。たくさん炊いて冷凍する…という手もありますが、できれば炊き立てのホカホカを食べたいもの。そんな人にぜひおススメしたい、便利なおひつを紹介します。それもただのおひつじゃありません。キッチン&アウトドア ブランドのi-WANO(イワノ)から登場したのは、三重県で生まれた萬古焼(ばんこやき)の耐熱調理器具「トースタークッカー」(1合/3990 円 、1.5 合/4189円)です。

▲「トースタークッカー1合」

トースターで炊けるおひつ「トースタークッカー」は、なんと浸漬不要。お米を研いだら炊き上げから蒸らしまで、わずか30分。おいしいごはんが炊き上がったら、おひつからダイレクトに食べられます。すべてがこのおひつで完結する、ひとり暮らしにはこの上なく便利なキッチンプロダクトです。

▲「トースタークッカー1.5合」

江戸時代の中期(1700年代前半)から受け継がれ250年以上が経過した現代でも、圧倒的な信頼と人気を誇る萬古焼の技術が用いられたおひつで、萬古焼の耐熱性と調湿機能が、安定した美味しさを叶えます。

陶器素材には無数の細かな気孔が開いており、水分が多いときには吸湿、水分が少ないときには放湿をして、おひつ内の湿度をベストな状態にコントロール。少ない量のごはんでも、いつでも安定した美味しさを味わえます。

おひつなので、できたてのご飯をそのまま保存も可能。“もちもち”の状態をキープできる上に、食べる前にフタをしてレンジでチンすれば、また炊き立てと同じ状態が手軽に楽しめます。

1合サイズは、お弁当箱で人気の “わっぱ” のような楕円形で、W18×D7×13cm/626g。1.5合用は丸型でφ13.2×H7cm/671g。いずれも細かく滑らかな土を使用しているので、薄くて軽量。しかも、スタイリッシュな仕上がりに。 陶器特有の重さは感じられず、あまりの軽さ驚いてしまいそうです。

いいところは、炊飯器でありそのまま食卓に出せる器でもあるということ。炊き立てごはんにそのままカレーを掛けて食べてもOK。食べきれなかったらフタをして保存できるので、移し替えたり、ラップ使う必要もなく、無駄なひと手間を省いてエコにも貢献できます。

毎日炊き立てご飯を食べられて、しかも小スペースで手間いらず。こんなの欲しかったんだ…という声が聞こえてきそうです。

>> i-WANO

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆トースターはパンを焼くだけなんてもったいない!耐熱クッカーで調理もできるぞ!
◆蒸し・焼き・煮込み料理に加えて無水調理もできちゃいます 
◆アウトドアでも使える鋳造製の調理器具はまさに一生モノ! 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください