1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

好きな場所で好きなコーヒーを楽しめるって幸せだよね

&GP / 2021年9月2日 11時30分

写真

好きな場所で好きなコーヒーを楽しめるって幸せだよね

“アウトドア&コーヒー”って、なぜか不思議と相性がいい組み合わせなんですよね。登山用のコーヒー道具などはかなり以前からありましたが、近年のソロキャンプ人気に伴って、一人分のコーヒーが抽出できる携帯用のコーヒーセットがちょっとした盛り上がりを見せています。

軽く壊れにくいアウトドア用コーヒー用具はいろいろありますが、手間暇かけるならおいしく淹れたいし、デザインだって美しい方がいい。そんなあなたに紹介したいのが、目にも麗しいガラス製コーヒードリッパーセット「Minimal(ミニマル)トラベルコーヒードリッパーカップセット」(8720円〜 9月1日現在)。現在クラウドファンディングサイト・Makuakeにて販売プロジェクトを受付中です。

この「Minimalトラベルコーヒードリッパーカップセット」は、洗練されたデザインがアジアや欧米諸国で高く評価される台湾の茶器メーカー・宜龍茶器が手がけたもの。280ml容量のカップとドリッパー、ドリッパースタンド、それにフィルターとドリップソーサーがセットになっていて、全てのアイテムはカップ内にスムーズにスタッキングできるようになっています。

ハンドル付きの専用ポーチに収納すれば携帯性も抜群、キャンプやピクニック、旅先など、どこでも好きなところで至福の一杯を楽しめます。

ふつうアウトドア用のカップやドリッパーでは、持ち運びを考えて金属や樹脂素材が用いられることが多いのですが、このセットではカップとドリッパー、ソーサーに、あえてホウケイ酸ガラスを使用している点が大きなポイント。耐熱ガラスとして知られるホウケイ酸ガラスは、じつはもうひとつ、耐衝撃性に優れるという長所をあわせ持っています。

ガラス厚を薄くしても割れにくいから軽量化も可能。例えばこのセットに含まれるドリッパーはなんと43gという軽さ! さらにプラスチックなどと比べて細かな傷がつきにくいから、お手入れもしやすく衛生的。ニオイ移りや色移りに強いのもガラスならではのメリットです。

ガラスの持つ美しい透明感を活かすべく、スタンドには木製素材を使い、カップのホルダー部分にはレザー素材を使用。ドリップならではの味わいを、優しく素朴な感触とともに楽しめます。

また一人分のコーヒーを直接カップに抽出するとき、なにげに困るのが抽出後のドリッパーの置き場所ですが、このセットでは抽出後のドリッパーをホールドしておけるソーサーを付属することでこの問題を解決。ネルフィルター以外に市販のペーパーフィルターも使えるから、「屋外で布フィルターはちょっと面倒」という人も安心です。

Makuakeでの先行販売受け付けは9月26日までで、製品のお届けは2021年1月の予定。友達やパートナーとシェアしたい人、自宅用とアウトドア用に使い分けたい人ならちょっとおトクな2個セット(1万6830円~ 同)をどうぞ。

>> Makuake

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆超小型デジタルスケール付きコーヒーマグでハンドドリップ始めてみませんか?
◆PORTER×猿田彦珈琲コラボバッグのコーヒー感になんだかほっこり!
◆コーヒーのハンドドリップのために生まれた小型IHヒーター

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング