1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

スタイリッシュな「STAN.」の自動調理なべでほったらかし調理がはかどる!

&GP / 2021年9月4日 9時0分

写真

スタイリッシュな「STAN.」の自動調理なべでほったらかし調理がはかどる!

最近人気の高い“ほったらかし調理”ができる便利な自動調理なべは、ますます進化中。材料を用意して作りたいレシピのコースを選び、スイッチをポチッ。あとは出来上がりを待つだけ! というスタイルが一般的ですよね。

そんな中、ほったらかし料理に新たな可能性を感じる製品が象印マホービンより10月1日より発売。デザイン家電「STAN.」シリーズの「自動調理なべ(EL-KA23)」(市場想定価格:3万3000円)は、市販のジッパーつき食品保存袋を使うことで、最大2品まで同時調理できるスゴ技対応の進化系なんです!

献立決め、買い出し、下ごしらえ、調理、 片付け……。改めて料理の工程を考えてみると、思いの外いろいろあります。ほったらかし調理なら、献立を決めて食材を準備したら、あとは出来上がりを待つだけと調理の手間が省けるのが人気の秘訣。でも、実は食べ終わった後の片づけが一番面倒だったりするんですよね。

片付けのメインといえば、やはり洗い物。調理し終わった鍋って食材がべったりこびりついて、洗うのも一苦労。そんなひと手間も“ジッパーつき食品保存袋”を使った調理で解決。しかも1度に2品まで同時に調理できるので、時短も実現。まさに一石二鳥の活躍ぶりです。

使い方はとてもカンタン。食材と調味料を入れたジッパーつき食品保存袋をホーローなべにセットした「専用パックホルダー」に取り付け、水を注ぎ入れます。あとは調理時間を指定してスタートボタンを押すだけ。

専用のパックホルダーのつまみにジッパーを折り込むことで、パックが調理中に膨張して浮いたり、動いたりすることがなく、水が入ってくる心配もありません。

あらかじめ食材と調味料をジッパーつき食料保存袋に入れ、冷凍・冷蔵保存しておけば、忙しい時でもさっと取り出してセットするだけの簡単調理が可能に。この方法なら使用後の洗い物も少なく、後片付けも効率よくこなせそうです。

もちろん、通常の「おまかせ自動調理」にも対応。「カレー/シチュー」「スープ」「煮物」「米調理」なども火加減を気にせず、美味しく仕上げられます。最大12時間前から予約・保温ができるので、帰宅時間に合わせてセットしておけるなど便利機能が満載です。

内鍋は、煮込み料理に適した、蓄熱性の高い「ホーローなべ」を使用しているので、ガスコンロの直火で温め直しもOK。食卓にそのまま出して、食べ終わったら鍋ごと冷蔵庫で保存も可能です。

サイズはW28.5cm×D31cm×H22.5cm、重さ約7kgで、スタイリッシュなブラックとナチュラルなホワイトの2色展開。毎日の暮らしに時短と機能性、そしておしゃれを同時に盛り込みたい方におすすめの最新調理家電に注目してみてはいかがでしょうか。

>> 象印マホービン「STAN.」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆有田焼の土鍋でごはんを炊きながら蒸し料理もできるって!
◆低温調理も発酵も炒めもできる電気圧力鍋って万能すぎる!
◆ごはんがススム“おかず”を作れる自動調理鍋&オーブンレンジ6選【必需家電大全】

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング