1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

プレートの数でサイズが変わる焚き火台ならソロもファミキャンも対応可能!

&GP / 2021年9月6日 8時0分

写真

プレートの数でサイズが変わる焚き火台ならソロもファミキャンも対応可能!

キャンプに欠かせないグッズと言えば焚き火台。料理に使ったりお湯を沸かしたりするだけでなく、夜の照明代わりや、単に暇つぶしに焚き火を眺め続けるために使ったりもします。

便利なグッズですが、焚き火台ごとに大きさが決まっているため、起こせる火の量も一定になりがちで、例えばソロキャンプに向いているサイズの焚き火台は持ち運びしやすい分、大人数には向いていません。

そんな悩みを解決すべくこの度、ソロキャンプにも大人数のファミリーキャンプにも利用できる焚き火台が登場。sherry's(シェリーズ)から発売の焚き火台「B-I」(2万2000円)は、使用するプレートの数を変更することで、シーンに応じた火の量に調整できる製品。キャンプなどアウトドアグッズは持ち運びできる荷物の量に限りがあるため、一台でさまざまなケースに対応できる点は大きなメリットです。

「B-I」は6枚のプレートから成る焚き火台ですが、用途に応じて、6枚組、5枚組、4枚組、3枚組(2台)と4通りに変形可能。枚数を増やすごとに大きな炎を楽しめる仕様になっています。

「B-I」は全体を覆わないスタイルが特徴です。SUS棒(ゴトク棒)を差し込めば、薪をくべたり、コーヒーポットや鉄板を置いたりして料理と焚き火を同時に楽しむことが可能。SUS棒はテコの原理により、一定の荷重に耐えられます。棒を差し込む穴には串も通せるため、串焼きも楽しめます。

また、プレートは分解することでおよそA4サイズにまでまとめられます。プレート6枚とロストル1枚で厚みは約11mmと薄くて持ち運びしやすく、バックパックや車のドアポケットなどに入れておくことも。

別売で専用の革ケース(1万5250円)も販売されており、使い込むことで色味や深みを増すヌメ革を使用。革ケースは一つ一つ手縫いで作られているため頑丈で、ハンドルなどをあえて付けず「腰位置で持つ」という運搬スタイルもワイルドでクールな印象を与えてくれます。

さらに、「B-I」は燃焼効率を上げるため、ロストルの下部にのみ空気孔が設けられており、空気の流れが下から上への一方向となっている点もポイント(6枚組のスタイルの場合)。空気孔より下に灰が溜まる構造だから灰が舞い上がることもありません。加えて、プレート表面にはバイブレーション加工が施され、新しい傷が目立ちにくく、油汚れやススなどを金たわしなどで気兼ねなくゴシゴシ洗いやすくなっているところも便利です。

なお、別売で「B-I」にフィットするグリルネット(3950円)も発売されており、ステンレス製の焼き網兼ゴトク台として使用できます。ロゴマークのリスから炎が浮き上がるところがかわいい逸品です。

>> Makuake

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆外側の縦長ポケットがキャンプギアの収納に大活躍!
◆包丁っぽく使えるFEDECAのナイフがあればキャンプ飯の準備が楽しくなる!
◆キャンプの小物もデジタルガジェットもミステリーランチのポーチで整理整頓!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング