1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

銀箔と漆を用いた和工芸とシチズンの機械式時計が見事に融和

&GP / 2021年9月13日 22時0分

写真

銀箔と漆を用いた和工芸とシチズンの機械式時計が見事に融和

長きに渡って愛され続けているCITIZENのベーシックデザインシリーズ「シチズンコレクション」より、日本が世界に誇る和工芸“銀箔”と“漆塗”を文字板に施した最新メカニカルモデルが登場。

シーンを問わず装着できるシックなデザインと落ち着いた佇まいは、ビジネスパーソンに最適な1本となりそうです。

▲「繭色」

カラーは“繭”の柔らかな白をイメージした「繭色」(14万3000円)と、“紅葉した森林の薄暮”を表現した「鈍緋色(にびひいろ)」(13万2000円)の2色で展開。文字板は金属板に漆を塗り、銀箔をまぶすようにのせて塗装するという、1900年創業の老舗漆メーカー・坂本乙造商店との共同開発によって完成。

手作業による仕上げのためにひとつとして同じものが存在しない、オンリーワンの独特な風合いを楽しむことができます。また、「繭色」はミラー仕上げ、「鈍緋色」はミラーとマットで磨き上げるという異なる仕上げの“リーフ針”を使用することで、視認性を確保しています。

ムーブメントは機械式自動巻+手巻きムーブメント・Cal.9184。表示機能は時分秒と24時間計、日付の3種類。駆動時間は最大約40時間で、10時位置に配されたパワーリザーブインジケーターにより駆動時間の常時確認が可能。デザイン的なアクセントにもなっています。

▲「鈍緋色」

時計ケースはデュラテクトプラチナ加工を施したステンレススチールで、ケースサイズはΦ40.5mm×厚さ14.1mm、風防は無反射コーティングを施したデュアル球面サファイアガラスを採用(10気圧防水搭載)。

シースルーバックからは、緻密な機構と駆動の様子をいつでも確認できます。バンドは文字板のカラーに合わせ、「繭色」はコードバンの革バンド、「鈍緋色」はカーフの革バンド(型押し)が用いられています。

日本の伝統技術を用いたメイド・イン・ジャパンの機械式腕時計。発売開始は10月下旬予定です。

>> CITIZEN「シチズンコレクション メカニカル」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆シチズンからモダンテイストな機械式スポーツウォッチが登場!
◆赤黒ベゼルが"ゴジラ”らしさを強烈に表現する「シチズン プロマスター」
◆2010年以来!新型ムーブメントを引っ下げ「ザ・シチズン」の機械式腕時計が誕生!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング