1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

全29色でオリジナルカラーを作れるシヤチハタのスタンプパッド

&GP / 2021年9月29日 15時0分

写真

全29色でオリジナルカラーを作れるシヤチハタのスタンプパッド

近年、消しゴムはんこやゴム印を利用したスタンプアートが注目を集めています。また、万年筆ブームの影響で多様な色合いのインクも脚光を浴びているのはご存知の通り。こうした流れから、シヤチハタは2020年にスタンプアート用スタンプパッド「いろもよう」(各715円)を発売。一般的な赤や黒などではなく、牡丹色、山吹色、萌黄色、若竹色、藤色など様々な色のスタンプパッドを発売して好評を得ています。

そして2021年10月から、ユーザーの要望を踏まえて進化したスタンプパッド「いろづくり」(本体440円、専用インキ各330円)が登場。自分だけのオリジナルカラーを作ったり、複数のインキを好きな場所に配置できたりする新たなスタンプパッドが誕生しました。

「いろづくり」(440円)のスタンプパッド本体は無色。ここに「いろもようシリーズ専用インキ」(各330円)を塗布して使います。専用インキは日本にちなんだ全29色をラインアップ。好みのインキを少量ずつスタンプパッドに落下させ、ヘラで押し付けて塗布します。

スタンプパッドの盤面は、“まだら”や“ストライプ”をはじめ自由に模様を組み合わせることが可能。1つのスタンプで複数色のグラデーション印影を楽しむことができます。インクを分けるだけでなく混ぜれば、自分だけのオリジナルカラーのスタンプを作成することも。

スタンプパッドの盤面は極細繊維の盤面表布を採用。耐久性に優れ、盤面に軽く押すだけでキレイな印影が得られます。インキ塗布後にフタを開けたままでもパッドは乾燥しないのもうれしいところ。

また、人気消しゴムはんこ作家とコラボした「いろづくり はじめてセット」(1980円)も同時発売。作家オリジナルのゴム印1個(W35×D25×H25㎜)とスタンプパッド本体1個、専用インキ3本、ヘラ1本、作例のしおり1枚をまとめたセット。参加作家はMizutama(みずたま)、TAM’S WORKS(タムズワークス)、はんこどりの3名です。

オリジナルカラーやグラデーションを作成できるスタンプパッドで、スタンプアートの幅を広げましょう!

>> シヤチハタ「いろづくり」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆シヤチハタとパーカーのコラボで“書く”と“捺す”が合体!
◆何かと話題のハンコだけど、名前シール作る時は便利だよね
◆「〆切り、やばみです。」このはんこガチャ、使えそう?使ってみる?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング