1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

通勤からロングライドまでこなすオールマイティなクロスバイク版e-Bike

&GP / 2022年1月17日 11時0分

写真

通勤からロングライドまでこなすオールマイティなクロスバイク版e-Bike

スポーツタイプの電動アシスト自転車、いわゆるe-Bikeは、普段の街乗りはもちろん、通勤や通学、週末のロングライドでも快適に乗れるのがうれしいところ。モーターの力を借りて軽快かつ颯爽と駆け抜けるのは、想像以上に気持ちいいですよ。

3月10日発売予定のヤマハ発動機「CROSSCORE RC(クロスコア アールシー)」(31万7900円)は、通勤からレジャーライドまで幅広いシーンで使えるクロスバイク型のe-Bike。新生活に向けて、日常のアシをグレードアップして、さらに週末のロングライドにも挑戦してみませんか?

足回りはさすがe-Bikeという充実ぶり。路面の凹凸などから生じる衝撃を吸収するサスペンションフォークを搭載し、タイヤはクッション性とグリップ力を発揮する27.5×2.0インチのワイド&セミスリックタイヤを採用。

さらにシマノ製油圧式ディスクブレーキや9段変速ギア、アップライトなポジションのサドル、電源をバッテリーから供給するため点灯時に“重さ”を感じさせないLEDランプなど、実用性と快適な走行を実現する機能を各所に搭載しています。

アシストモードはHIGH/STD(スタンダード)/ECO/+ECOの4種類に加え、ライダーや走行状況に応じて自動でアシストモードを切り替える「オートマチックアシストモード」と「アシストオフ」を選択できます。

バッテリーは500Whクラス36V/13.1Ahの大容量リチウムイオンバッテリーで、専用充電器経由で家庭用コンセントでの充電が可能。バッテリーを自転車から外しても、また自転車に装着した状態でも充電でき、フル充電までの所要時間は約3.5時間とスピーディ。一充電当たりの走行距離は85~200kmと、長距離走行時でも安心です。

スピードや走行距離、アシストモード、バッテリー残量などの各種情報は、ハンドル部に備わる多機能モニターで随時表示。バックライト付きの液晶画面で見やすく、また大型ボタンでハンドルを握ったままでも直感的な操作が可能です。フレームカラーはピュアパールホワイト、ミスティグリーン、フレイムオレンジの全3色展開。

スポーティなデザインだけでなく、それに見合った走りをしっかりと提供してくれる「CROSSCORE RC」。またスタンドが標準装備されているので、普段使いにもピッタリ。ちょっと遠くまで行ってみようと思わせてくれそうなe-Bikeですよね。

>> ヤマハ「CROSSCORE RC」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆まるでバイクな電動アシスト自転車で通勤やサイクリングを楽しもう!
◆ナンバー取得できる電動キックボードで日々の移動が変わる!?
◆約15.5kgって軽すぎ!カーボンフレームがカッコいい折り畳み電動アシスト自転車

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください