【VW ビートル デューン試乗】限定500台の個性派!小気味よい走りで気分もハイに

&GP / 2016年7月15日 18時30分

写真

【VW ビートル デューン試乗】限定500台の個性派!小気味よい走りで気分もハイに

人もクルマも、第一印象が大切です。フォルクスワーゲンの「ザ・ビートル デューン」のファーストインプレッションは、陽気なキャラクター。キリッと精悍とか、ビシッと強面っていうクルマはたくさんあっても、ニコニコとドライバーを迎えてくれるクルマはそれほど多くありません。

そんなに多くないといえば、デューンは500台限定。そもそもレアな存在です。希少な体験ドライブの機会で感じたことをまとめてみました。

 ■ハメを外し過ぎてない上品な仕立て

<関連記事>
 【クロス アップ!試乗】VWの新機軸、ガラ軽の牙城を切り崩すのか?
 【趣味のためのクルマ選び】荒れた道も苦にしないVWゴルフ オールトラック
 【趣味のためのクルマ選び・VWパサート ヴァリアント】洒落っ気のない“真面目さ”こそ最大の長所

ドアを開けると、インテリアも明るいですね。インパネにボディ同色のパネルが貼られるのは、ベースモデルである「ザ・ビートル」と同じですが、限定色であるサンドストームメタリックがグッド! いやぁ、イエロー系の内装、見たことあります?

フォルクスワーゲン ザ・ビートル デューン

シートやシフトレバーブーツに入るステッチもイエローですし、気の利いたディテールも加わって、特別な雰囲気がプンプン漂います。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル デューン

しかも陽気なのに、ハメを外し過ぎていないところがいい。これが意外にも、上品な仕立てなのです。ちなみに乗車定員は4名、これもザ・ビートルと同じです。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル デューン

走り出すと、ここでも陽気なキャラクターが顔を出します。エンジンは、ターボ付きとはいえ排気量は1.4リッターしかありませんが、フワッと無理なく加速してとても活発。元気がいい。

7速ATがポンポンポンと小気味よくシフトアップすることもあり、巡行スピードに達するのもアッという間です。走行抵抗が少ないフィーリングで、気持ちよく滑走してくれるのです。実はこのエンジン、最新の「ゴルフ」に積まれるパワーユニットと同じ。ベースのザ・ビートルには設定のなかったエンジンなので、これだけでもハイな気分になります。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル デューン

さて今回、最も注目していたのはサスペンションです。専用のサスペンションにより、車高は15mmアップしています。クロスオーバールックを実現するためのものですが、たかが15mm、されど15mm…。しかし、心配は杞憂でしたね。過剰に脚が突っ張ってゴツゴツしたり、フラフラと頭が左右に振られてしまったり、そういうネガティブな印象はありません。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル デューン

そりゃそうです。フォルクスワーゲンは「クロスUP!」や「クロスポロ」、「ゴルフ オールトラック」など、クロスオーバーモデルをスタイリッシュかつスマートに派生させるのは得意ワザ。不躾にネガなところを露呈させることはないのです。

むしろ、車高が上がったことでシートのヒップポイントが上がり、乗り降りもしやすく感じます。運転中のアイポイントも少し上がって、心なしか見晴らしがいい。走っていて気分がいいのです。

ザ・ビートル デューン、おおらかな気持ちにさせてくれるクルマですね。合流車線で道を譲る時も「どうぞどうぞ♬」ってな感じで、心のゆとりゾーンが深化している自分を実感したほどですから。こんな牧歌的なキャラクターのクルマ、なかなかありません。気になる方はディーラーへお急ぎください!

(文/ブンタ、写真/グラブ)

<SPECIFICATIONS>
☆デューン
ボディサイズ:L4285×W1825×H1510mm
車両重量:1340kg
駆動方式:FF
エンジン:1394cc 直列4気筒 DOHC ターボ
トランスミッション:7速AT
最高出力:150馬力/5000〜6000回転
最大トルク:25.5kg-m/1500〜3500回転
価格:321万9000円

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング