1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

秋冬でもサンダルで過ごすにはどうすれば良い?ソックスの合わせ方次第では全然“アリ”かも!

&GP / 2023年11月19日 21時0分

写真

秋冬でもサンダルで過ごすにはどうすれば良い?ソックスの合わせ方次第では全然“アリ”かも!

ちょっとしたお出掛けや、近所の買い物に行くとき、スニーカーよりもサンダルで出かけたい気分ってありますよね。ただ、秋冬で素足サンダルだとちょっと季節感のない人に見えてしまいます。そんなときにおすすめなのがサンダル×ソックスの組み合わせ。

実はサンダル×ソックスには、
・スニーカーに比べて通気性が良く、ムレにくい
・足の出し入れもしやすく、ちょっとしたお出掛けに最適
・汗を吸収してくれるから快適に過ごせる
・ソックスがコーディネートのアクセントになる
・上品で清潔な印象

という、機能とお洒落さを両得できるというメリットがあります。とはいえ、ちょっとハードルが高く感じている人も多いようで、実際に「サンダルにソックスをどう合わせたら良いかわからない」という相談をされることもしばしば。

ということで今回は、そんな悩みを解決すべく、サンダル×ソックスのコーディネートを紹介します!

【ポイント1】サンダルとソックスは同系色でまとめるのがベター

サンダル×ソックスのコーディネートでまず気をつけるのは配色。そして一番ベーシックな組み合わせは”同色系でまとめる”ということです。

なぜなら、同系色で合わせることで、統一感が生まれ、こなれた雰囲気を演出できるからです。ちなみに、メンズスーツの着こなしに、“パンツか革靴と同色系のソックスを選ぶ”というテクニックがあり、それを応用したコーディネートです。

では、男性が取り入れやすいグレー、ブラック、ブラウンの3色のサンダルをベースにコーディネート例を紹介したいと思います。

▼ブラックサンダル×黒ソックスの組み合わせ

▲ビルケンシュトックのサンダル「KYOTO」/2万9700円(ビルケンシュットック カスタマーサービスセンター)、VIBSOXのソックス/1760円(VIBSOX)

最近、街中で多く見かけるのが、ブラックのサンダルに黒ソックスを掛け合わせるスタイル。ひと目見ると「黒いシューズを履いているの?」と見えるのがポイント。

ちなみに、同色の重ね着は今季のキーワードのひとつ。それに、ホワイトソックスに比べて汚れが目立ちにくいというメリットもあります。

▼グレーサンダル×白ソックスの組み合わせ

▲ビルケンシュトックのサンダル「UJI」/2万900円(ビルケンシュットック カスタマーサービスセンター)、ヘルスニットのソックス/1210円(ヘルスニット・ブランズ)

“アスファルトカラー”などと表現されることもあるグレー系のサンダルは、都会的な印象を与える最近人気のカラー。

モノトーン系に分類されるグレーは、同じくモノトーン系のホワイトと組み合わせるのがオススメ。白ソックスは、爽やかさも演出できる靴下コーデで一番人気の色味です。ただし、汚れも目立ちやすいのでご注意を。

▼ブラウンサンダル×茶ソックスの組み合わせ

▲ビルケンシュトックのサンダル「KYOTO」/2万9700円(ビルケンシュットック カスタマーサービスセンター)、/rototo/2750円(ロトト)

アースカラーに分類されるブラウンも人気のカラー。アウトドア感のある色味なので、ウールのような地厚のソックスと相性抜群。また、モノトーンに比べて優しい印象になるのもポイントです。

そんな深い色味のブラウンサンダルには、明るめのベージュを合わせるなど同系色でコントラストをつけると良いでしょう。また、肌の色に近いカラーなので、素足に近い感覚で取り入れられます。

【ちなみに】ブラック系のサンダルにはカラーソックスで差し色を取り入れてもOK!

▲左と中:ヘルスニット「ヒールロゴB 2Pソックス」/1320円(ヘルスニット・ブランズ)、右:VIBSOXのソックス/1760円(VIBSOX)

上級テクニックとしてカラーソックスを合わせるテクニックがあります。チラッと見えるだけでファッションのアクセントになり、おしゃれ度が格段にUP! なお、サンダルはカラーソックスを引き締めつつ、シックな雰囲気に仕上がるブラックがおすすめです。

【ポイント2】柄モノは着こなしのアクセントとして有用!ただしロゴはワンポイントでさりげなく!

▼パイル地のラインソックスとの組み合わせ

▲rototo/2420円(ロトト)

無地のソックスも良いですが、よりお洒落に見せたいときはスポーティで軽快な印象になるラインソックスがもってこい。チラッと見えるラインの色味がスタイリングのアクセントになります。

また、パイル地はタオルにも使われる素材で、地厚なものが多くクッション性も抜群。また、高い保温性も魅力です。

▼ロゴソックスとの組み合わせ

次に、ワンポイントとしてブランドロゴやメッセージが入っているものが人気。今までは側面に配されていたロゴが、ヒール部分にデザインされることで後ろ姿のアクセントに! さりげないワンポイントでよりお洒落な印象に仕上がります。

【ポイント3】長時間過ごすときには保温性が高く消臭効果もあるメリノウールがおすすめ!

▲rototo/2420円(ロトト)

天然の高機能素材として人気のメリノウールを使ったソックスも、ここ数年で再注目されているアイテム。保温性が高く消臭効果もあり蒸れにくいため、靴下にうってつけの素材としてキャンプなどのアウトドアシーンでも人気です。

アウトドアのイメージが強かったメリノウールソックスですが、最近では、化繊と混合することで上品なものが増加。都会的なイメージになり普段のファッションに取り入れやすくなっています。

【ちなみに】足の甲全体が覆われているサンダルを選べばより暖かく過ごせる!

▲シャカのサンダル/1万6500円(ブルームーンカンパニー)

最近は冬の街履きやキャンプでも履けるようなクローズドトゥのサンダルも人気です。オープントゥのサンダル同様に色合わせやトレンド、素材選びを意識して上品な秋冬サンダル×ソックスのスタイルを楽しんでみてください!

*  *  *

サンダル×ソックスの合わせ方に苦手意識を持っている人も多いでしょう。時々、ビジネスソックスのような薄い素材、フォーマルなデザインのソックスを履いている人を見かけます。ソックスが上品すぎてしまうと、カジュアル感の強いサンダルと合わせた時にアンマッチになってしまい、ちぐはぐな印象になってしまいます。あえてそうするファッションもありますが、サンダル×ソックス初心者の方は、今回紹介したようなちょっと厚手なものから挑戦してみてください。

<取材・文/宇田川雄一 取材協力/ビルケンシュトック、ビブソックス、ロトト、シャカ、ヘルスニット・ブランズ>

宇田川雄一|スタイリスト。大学卒業後、アシスタントを経て2008年フリーに。モノ誌やWeb媒体を中心に、広告、PVなど幅広く活動。メンズのビジネススタイルを得意とし、雑貨、インテリアなどライフスタイル全般にわたってスタイリングしてきた経験を生かし、執筆も行っている。

 

【関連記事】

◆軽くてリカバリーでふかふかファーのルームシューズって気持ちイイに決まってる!
◆親指と小指だけ独立した「3本指ソックス」で小指の機能をフル活用!重心バランスがととのうぞ!
◆保温+防水+滑りづらい。コロンビアのウインターブーツは冬の足元の強い味方!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください