1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

“蒸らし”も自動。オーシャンリッチのコーヒーメーカーはハンドドリップの味わいを身近にする

&GP / 2023年11月25日 9時0分

写真

“蒸らし”も自動。オーシャンリッチのコーヒーメーカーはハンドドリップの味わいを身近にする

今やおうち時間に欠かせないアイテムとなったコーヒー。ハンドドリップで淹れたてを楽しむという人も増えています。とはいえ、プロの味を再現するのはなかなか難しいもの。“の”の字を描くように回転させながら抽出、蒸らし時間もしっかりとって…と頭ではわかっていても、スピードやタイミングを見極めるのは簡単な事ではありません。

そんなプロのハンドドリップを忠実に再現できる「oceanrich 自動ドリップ・コーヒーメーカー」(1万2870円~ 11月23日現在)がMakuakeに登場。現在、先行販売中です。

このコーヒーメーカー最大の特徴は、360°自動で回転しながらハンドドリップを再現するという画期的な仕組みです。

2つの回転プレートは、最初に中央から外側、さらに外側から中央へとゆっくり回転しながら一定のお湯を自動で注いでいきます。

この“の”の字回転により、コーヒー粉全体に均一してお湯が触れるため、抽出にムラがなくなり、豆本来の美味しさを安定して引き出すことができます。


もちろん、美味しいコーヒーを淹れるのに欠かせない“蒸らし”の工程も自動対応。最初に全体にお湯を注いだ後、30秒間しっかりと蒸らしを加えてから再注湯を開始します。

こうすることで、お湯と豆がしっかりとなじみ、豆の旨味や成分を抽出することができるため、香り・苦味・甘味・酸味・後味という美味しいコーヒーに不可欠な要素がバランスの良く味わえる一杯を抽出できます。

温度調整は88℃〜96℃の間で、2℃単位で微細な温度調整が可能です。酸味や苦みをしっかり抽出し、濃厚なコーヒーを味わいた時は高温(96℃)で、苦みをおさえてまろやかな酸味を楽しみたいときは低温(88℃)で…と豆の種類や好みに合わせて抽出温度を設定できるのもうれしいポイントです。

「oceanrich 自動ドリップ・コーヒーメーカー」はケトルが一体した無駄のないデザインで、サーバー容量は最大約300ml(マグカップ1杯分)。

本体サイズは、W214×D108×H244mm、重量は約1.1kgと軽量かつコンパクトな設計が施されています。持ち運びもしやすく、場所も取らないのであらゆるシーンで活躍します。

プロのハンドドリップの味を自宅で手軽に味わいたい。安定した味の淹れたてのコーヒーを楽しみたい。そんな願いを叶えてくれるコーヒーメーカーで、自分の好みの究極の一杯を追求してみてはいかがですか。

>> Makuake

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆コーヒー豆の大敵“紫外線”をカットしつつ残量がわかるキャニスターって助かる!
◆おいしいドリップコーヒーを淹れたいなら温度計付きのケトルを使おう
◆HARIOの浸漬式ドリッパー「スイッチ」に有田焼ver.が登場。誰でも安定したコーヒーを淹れられますよ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください