1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. モバイル・アプリ

もしもの時も安心!最強のタフネスガジェット13選【グッとくるタフネスギア】

&GP / 2023年11月25日 20時0分

写真

もしもの時も安心!最強のタフネスガジェット13選【グッとくるタフネスギア】

【グッとくるタフネスギア】

オン・オフ問わずいまやガジェット類は手放せないアイテムとなっているが、キャンプなどのアウトドアアクティビティを楽しむ人には防水性や耐衝撃性などに優れたタフなガジェットが必須。普段からアウトドアも楽しむITライターにおすすめのガジェットを紹介してもらった。

*  *  *

防水・防塵・耐衝撃など、ガジェットがタフであれば、安心してアクティブに活動できる。特にアウトドアを楽しむ人にとって、ギアを気にせず“楽しむこと”に注力できるのは特に大切なことだ。

例えば防水カメラなら、普通のカメラでは撮れない水中撮影も可能です」と話すのは、ITライターの井上 晃さん。時々キャンプやBBQにも出かける彼が注目しているのは、2年半ぶりに登場したタフネススマホ「TORQUE」だという。

「高さ2mからアスファルトへ落下させる耐衝撃性や、打撃、耐海水など29項目もの試験をクリアしつつ、小型化・軽量化が図られており、実は日常でも使いやすいスマホです」

タフなガジェットといえば、アウトドアでの使用を考えがちだが、このスマホのように日常だが、このスマホのように日常でも安心して使えるところも大きなメリットになる。

「地面に落としたり突然雨が降ってきたり、時計をぶつけたり…。予期せぬ事態は日常でもたくさんあります。ここで紹介しているタフネスガジェットは、アウトドアなどのレジャーでも日常でもユーザーに寄り添ってくれるはずです」

ITライター/井上晃さん
スマートフォンやタブレットなどのデジタル機器をベースに最新デジタルサービスなども幅広く網羅するIT系ライター。登山やキャンプなどを楽しみながら、"タフ"なガジェットをテストすることもあるとか

 

1. タフネス・スマホの代表格が新しくなって登場!

京セラ
「TORQUE G06 KYG03」(9万8000円)

MIL規格に加え、京セラ独自のタフネス基準も追加して作られた最新モデル。落下衝撃、耐海水にも対応したほか、6400万画素広角、1600万画素超広角、200万画素マクロという3眼仕様の背面カメラを採用する。

▲5.4インチの有機ELディスプレイを搭載。前モデルに比べて小型化したボディに6GB RAM、128GB ROMなどを備える

▲高さ2mからアスファルトへの落下試験をクリアした耐久性に加え、サイドには指紋認証センサーもあり使い勝手も良好

▲本体上部にボディカメラボタンに搭載しているため、撮りたいタイミングを逃すことなく撮影が可能

▲画面や手が濡れている状態、さらにはグローブを装着したままでもスムーズなタッチ パネル操作ができる

 

2. 超ロングバッテリーと多彩なカメラ機能が特長!

Blackview
「BL8800 Pro 8」(5万9937円)

サイドから背面まで、すべてプロテクトされた頑丈なボディ、さらにIP69K防水に対応したタフネススマホ。水中に加えて、温度を測定するサーマルカメラとしても使用できる。

▲8380mAhの大容量バッテリーを装備し、それを利用して別のスマホなどに充電できる機能も搭載している

 

3. 腐食に強いチタンボディに20気圧防水機能を搭載!

Amazfit
「Amazfit Falcon」(8万9900円)

航空機グレードのチタンとサファイアクリスタルガラスを採用した堅牢さ&美しさを併せ持つスマートウォッチ。150以上のスポーツモードのほか、体の状態に合わせて練習をオススメしてくれる「Zeppコーチ機能」など、無理なく健康面のサポートをしてくれる。

▲416×416ピクセル、1.28インチのAMOLEDディスプレーにはマップも表示可能。また登山やサイクリング中にはルートナビ機能も使用できる

 

4. -40°C~60°Cでも駆動する最強10.36インチタブレット

Blackview
「Active8Pro」(4万3454円)

MIL規格の堅牢性と、IP68&IP69Kの防水・防塵性能を併せ持つだけではなく、-40°C〜60°Cといった過酷な環境でも駆動する。CPUにMedia Tek Helio G99、RAMは8GBを採用し、ストレスのないサクサクの操作感も実現。

▲Gorilla Glass 5で保護されたディスプレイは、解像度2000x1200ピクセル、10.36インチのIPS液晶パネルを採用し、クリアな画像を表示する

 

5. 地図も自身の健康も手首上で確認完了!

Garmin
「Epix Pro(Gen 2)51mm」(14万3000円)

健康・運動管理機能、アクティビティ計測機能を備えたGPSウォッチ。フィット感を考えて3つのサイズをラインナップするほか、日本の地図、国内のゴルフコースのマップ機能も標準装備するなど、手首上でさまざまな情報を得ることができる。

▲背面には最新の第5世代光学式心拍計を搭載し、心拍数、ストレスレベル、睡眠の質などを正確に検知する

6. 寒さ・熱さ、衝撃、水も問題なし!過酷な“現場”でも安心!

Dell
「Latitude 7330 Rugged EX」(69万6921円)

IEC 60529防塵防滴機能とIP-65防塵・高水圧防水に対応した現場仕様のノートPC。20分で35%の充電を可能にし、25時間駆動するバッテリーを搭載。5Gモバイルブロードバンド接続オプションを使用するとデータ伝送速度が上がり、リモート環境でもストレスなく使用できる。

▲まるでアタッシュケースのようなデザインは、防御力を高めるとともに、所有感も満たしてくれる

▲PCの使用中に海水に含まれる塩分で筐体やコネクタ部分が腐食しないように、内部の基板も厳重に保護されている

7. 万が一の水没でも安心、水辺で最強の小型スピーカー

ebi
「水に浮く 防水ワイヤレススピーカー」(5258円)

JISで定められた防塵・防水性能の最高値を取得した直径102mmのコンパクトスピーカー。水に浮く素材を使用したほか、万が一水没した場合でも水深1mなら30分間耐えられる。

▲約2時間の充電で最大15時間再生が可能。スピーカーはパッシブラジエーターを採用し、コンパクトながら低音の厚みが感じられる音を再生する

▲マイクが搭載されているため、スマホと接続することでハンズフリー通話やオンライン会議などにも使用できる

 

8. ハンドルマウント付属でライド中でも音楽を楽しめる

JBL
「WIND 3」(9900円)

自転車やバイク移動時にも安全に音楽を楽しめるようにマウントキットが付属されているBluetoothスピーカー。IP67の防水・防塵性能を持つほか、ワイドFMにも対応し、災害時には情報源としても活躍する。

▲約2.5時間の充電で、最大約5時間の連続再生が可能。マイクを内蔵しているためリモート会議用スピーカーとしても使用可

▲操作しやすい大きなボタンと視認性の高いLEDディスプレイを搭載。スポーツモードとバスモードと2種類のイコライザモードがあり、音源によって使い分けられる

 

9. 真夏のビーチでも使える防塵、耐熱性能が特長

JBL
「ENDURANCE PEAK 3」(1万5400円)

防水・防塵性能IP68に加え、45°Cまでの耐熱性能ももつなど、夏のビーチでも使えるスポーツイヤホン。高い遮音性とJBLが誇る迫力のバスサウンド、直感的な操作ができる「タッチコントロール」機能など、シンプル操作で重厚な音楽に浸ることができる。

▲イヤホン本体で約10時間、充電ケースを含めればトータル約50時間の再生が可能。ほぼ丸2日以上使用できるロングライフを実現している

▲JBL独自の構造により、さまざまな耳の形にフィット。自由に外音が取り込める「アンビエントアウェア」機能により、屋外でも安全に使用できる

 

10. 防水15m、耐低温-10°Cの過酷な撮影環境にも対応!

OM SYSTEM
「Tough TG-7」(6万9300円)

ボディ各部に配置したシーリング構造により、水深15mの水中撮影にも対応。さらにレンズ最前面をダブルガラス構造にすることで耐結露性も備え、寒冷地はもちろん、温度差が激しい場所でもトラブルなくすぐに撮影できる。

▲カメラ内にGPS各種センサーを内蔵し、専用アプリにログデータを取り込むと移動中の軌跡などが表示できる

▲広角側開放F2.0の明るい光学4倍ズームレンズを搭載。さらに被写体に最短1cmまで近 づける近接撮影能力を誇る

 

11. 高い防水性能とクリアな画像が撮影可能

リコー
「WG-7」(5万4800円)

耐荷重100kgf、耐衝撃2.1mのタフなボディに、約2000万画素、低ノイズのクリアな画像が撮影できる機能を搭載。アウトドアでの使用はもちろん、Webカメラとしても使用できるのでリモート会議などでも活躍する。

▲レンズ外周に可変LEDライトを搭載。近接撮影時に手ぶれを抑えたり、一方向の照明のみオンにして立体感のあるマクロ撮影が可能

 

12. 普段使いでも安心できる耐衝撃・防水性能を備える

エレコム
「DE-NEST-5000」(4980円)
「DE-NEST-10000」(6980円)
「DE-NEST-15000」(8980円)

内部のリチウムイオン電池をシリコンクッションで包み込み、さらに落下衝撃に強い丸みを帯びた外側のデザインとすることで、電池の破損を防ぐ。また自動的に最適な出力で最速充電できる“おまかせ充電”にも対応。5000mAh、8000mAh、12000mAhの3つの容量をラインナップ。

▲JIS保護等級IP67相当の防水・防塵性能を装備。コネクター部分は開けやすいネジ式のUSBの抜き差しも簡単!

▲5000mAh、8000mAhタイプは2ポート、12000mAhタイプは合計3ポートで、32Wの安定した出力が可能

 

13. 5万回以上の屈曲にもめげない、しなやかな強さが魅力

オウルテック
「超タフ USB Type-Cto Type-C ケーブル1.2m」(1580円)

一般的に高耐久とされるナイロン製よりも、曲がりに強いしなやかさをもつUSBケーブル。5万回以上の屈曲試験でも断線しないタフさに加え、温度センサーを搭載。異常な発熱が生じた場合も接続機器への電流をストップして過熱を防ぐ。

▲最大60W充電に対応しているため、ハイパワーな充電器と併用すれば、充電時間の短縮が可能。データ転送にも対応し、スマホなどからの転送もスムーズに対応する

※2023年11月6日発売「GoodsPress」12月号80-83ページの記事をもとに構成しています

>> 特集【グッとくるタフネスギア】

<取材・文/今 雄飛(ミラソル・デポルテ)>

 

【関連記事】

◆軽くてタフで使いやすいスーツケースってやっぱり頼れる。オールブラックもなのも良い!
◆“アラミド繊維”を使っためっちゃタフなUSBケーブルなら断線とは無縁だね
◆タフで防水で耐低温。「OM SYSTEM Tough TG-7」はウインタースポーツの強い味方!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください