1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

超薄だけど使いやすい!小銭もお札もカード10枚も入れられるアイデア構造のミニ財布

&GP / 2023年12月5日 19時0分

写真

超薄だけど使いやすい!小銭もお札もカード10枚も入れられるアイデア構造のミニ財布

巷には多くのアイデア系ミニ財布に溢れていますが、いずれの財布も、追求しているのは「薄さ・コンパクトさ」と「使い勝手」というふたつの要素。場合によっては相反する構造となってしまいがちなこの2大ポイントを両立させるため、多くの開発者が苦心しています。

フリック入力の発明者として知られる小川コータ氏が率いるエジソンラボも、これまで複数のミニ財布を開発していましたが、このたび新製品の二つ折り財布「FINALE UT」(7000円~ 12月3日現在)をMakuakeにて先行販売中。究極の薄さを実現するため、ドイツ製レザーペーパーの素材を使用しています。

製品名の「UT」は「ULTRA THIN」の略でとても薄いことを示しており、さらに「FINALE」を付けることで最後=究極の薄さを表現しています。何も入っていない状態の薄さは約7mm!

この薄さを実現しているドイツ製レザーペーパーは、革にそっくりの見た目を持つ素材。紙なのに防水性があり、水に浸かっても大丈夫で破れにくいという、財布に必要な丈夫さを備えています。そして厚みは革の半分しかないため、究極の薄さを実現するのにピッタリ。なお、革ならではのエイジングや高級感を楽しみたい人に向けて本革製も選べます(7800円~ 12月3日現在)。こちらはレザーペーパー版よりも1.5mほど厚くなっていますが、裏地やコバ塗りも施しており全6色展開です。

金具を排除しているのも大きな特徴。キャッシュレスの普及により使う機会の増えたカードを、財布を開かないようにして取り出せるよう外向きにカード収納部分を配置。モビロンバンドを使い収納部分を扇状に開けるようにしてあり、カードを一覧しやすく、取り出しやすく、さらにカードが1枚でも10枚でも、枚数に関係なく落ちにくくなっています。

また小銭は、コインケースとコイントレイを隣接させた構造により、手前に傾けるだけ。特許出願済みの仕組みで、入っている小銭を確認しやすく、そして取り出しやすくなっています。

コインケース付近にはお札を確認して取り出しやすくなるよう、中身が見えるような切り込みが設けられ、鍵を入れておくスペースや根付紐を結ぶ穴も配置しています。

さらに、金具がなくても二つ折り状態をキープするための、独自のロック機構も備え、少しずらしてフラップを入れるだけでロックがかかります。もちろんポケットに入れる場合などは無理にロックする必要はありません。

商品サイズは100mm×92mmとコンパクトながら、カードは10枚。コインは18枚ほどまで収納可能です。「最後」と名づけてしまうほどこだわった、薄くても使いやすいアイデア系ミニ財布です。

>> Makuake

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆モノをなくしがちな人でも安心して使える!AirTag用ポケット付きのミニ財布
◆ごちゃつきゼロ!イヤホンやスマートキーも収まるミニ財布で小物をスッキリまとめよう
◆斬新だけど機能的!PVC製スケスケ三つ折りミニ財布の軽やかさがイイ感じ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください